ミラクルシティコザ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ミラクルシティコザ

ミラクルシティコザ

2022年2月4日公開,119分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

沖縄・コザを舞台に日本復帰前の70年代と現代が交錯するタイムスリップ・ロックンロール・エンターテインメント。第3回未完成映画予告編大賞グランプリならびに堤幸彦賞を受賞した沖縄出身の平一紘がオリジナル脚本を書きあげ、全編沖縄ロケで撮影した。アメリカ世(アメリカ統治の時代)やベトナム戦争当時の沖縄の世相などを盛り込み、沖縄の歴史や現在と未来を描き出す。1970年に結成したロックバンド「紫」が楽曲を提供し、劇中で登場するバンドのライブ音源を新たにレコーディング。主題歌は沖縄県出身のバンド、結成20周年を迎えたORANGE RANGEが歌う「エバーグリーン」。沖縄が育んだ、三線とは違うもうひとつの音楽の魅力が存分に味わえる。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

ミラクルシティコザ

特報

2021/7/30(金)公開

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

沖縄市コザ、かつては隆盛を極めた街だが、現在ゴーストタウンの一歩手前……。そこで暮らす翔太は、特にやりたいこともなく、怠惰な日々を過ごしていた。彼にはちょっと変わった祖父のハルがいた。ハルはかつて、ベトナム戦争に向かう米兵たちを熱狂させた伝説のロックンローラーだった。ある日、ハルを交通事故で亡くし、失意の翔太の前に現れたのは、なんと死んだはずのハル。「やり残したことがある」とハルが翔太の体を乗っ取ると、翔太の魂はタイムスリップして1970年のハルの体へ入ってしまう。ベトナム戦争特需に沸く70年代の沖縄で、驚きの真実を知った翔太は、未来へのサプライズを仕掛けようとするが……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
日本
配給
ラビットハウス
上映時間
119分
製作会社
オフィスクレッシェンド(制作プロダクション:PROJECT9)

[c]2021 Office Crescendo [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.8

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?