アイダよ、何処へ?|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アイダよ、何処へ?

2021年9月17日公開,101分
PG12

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争末期の 1995 年 7 月に起きた戦後最悪のジェノサイド(=集団虐殺)とされる「スレブレニツァの虐殺」。国連平和維持軍で通訳として働く女性アイダが、必死に家族を守ろうとする姿を通して、その惨劇の真実を描く衝撃のドラマ。ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争とは、1991年以降のユーゴスラヴィア社会主義連邦共和国が解体する過程で起こった内乱である。6つの共和国の一つであったボスニア・ヘルツェゴヴィナ地方において、独立か否かをめぐってボシュニャク人、クロアチア人、セルビア人の3勢力が1992年から1995年まで内戦を繰り広げた。「スレブレニツァの虐殺」はセルビア人勢力のラトコ・ムラディッチに率いられたスルプスカ共和国軍が、国連指定の安全地帯であったスレブレニツァに侵攻をはじめ、7月11日に中心部を制圧。7月12日には、同地に居住していたイスラム教徒のボシュニャク人の男性すべてを絶滅の対象とし、8,000人以上が組織的に殺害された。監督は長篇デビュー作「サラエボの花」が 2006 年ベルリン国際映画祭の金熊賞を受賞し、世界的に注目されたヤスミラ・ジュバニッチ。続く2010年の「サラエボ、希望の街角」など、一貫して故郷ボスニア・ヘルツェゴヴィナの悲劇を描き続けている。「アイダよ、何処へ?」は2020 年ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品、2020 年ロッテルダム国際映画祭観客賞を受賞。第 74 回のアカデミー賞外国語映画賞を受賞した「ノー・マンズ・ランド」(ダニス・タノヴィッチ監督作)以来 19 年ぶりにボスニア・ヘルツェゴヴィナ映画として、アカデミー賞国際長編映画賞にノミネートされた。

特集:映画から学ぶ“トリビア”で、世界を知る旅へ

その国の魅力が息づく、アカデミー賞の各国代表作になった”高評価映画”だけを特集!驚きの文化や制作秘話を解説 PR

その国の魅力が息づく、アカデミー賞の各国代表作になった”高評価映画”だけを特集!驚きの文化や制作秘話を解説

予告編・関連動画

アイダよ、何処へ?

インタビュー映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1995年、夏。セルビア人勢力によって占拠されたボスニア・ヘルツェゴヴィナの町、スレブレニツァ。2万 5 千人もの住人たちが保護を求めて国連基地に集まっていた。国連平和維持軍で通訳として働くアイダは交渉の中で極めて重要な情報を得る。セルビア人勢力の動きがエスカレートし、基地までも占拠しようとするなか、アイダは逃げてきた同胞を、そしてその中にいる夫と息子たちを守ろうとする。

作品データ

原題
Quo Vadis, Aida?
映倫区分
PG12
製作年
2020年
製作国
ボスニア=ヘルツェゴヴィナ=オーストリア=ルーマニア=オランダ=ドイツ=ポーランド=フランス=ノルウェー=トルコ
配給
アルバトロス・フィルム
上映時間
101分

[c]2020 Deblokada / coop99 filmproduktion / Digital Cube / N279 / Razor Film / Extreme Emotions / Indie Prod / Tordenfilm / TRT / ZDF arte [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    飛ばない鳥

    4.2
    2日前

    暴力的な非日常の後に再び日常が訪れます。しかし、その日常は一度断ち切られた日常です。
    残された者は複雑な思いを抱えて新たな日常を生きていくことになります。

    違反報告
  • rikoriko2255

    たるたるご

    4.0
    14日前

    今からたった四半世紀前に起きた悲劇。史実に基づいた作品だけに冒頭から生々しく、腹の底にずしりと重たいものが蓄積されていく。
    今も世界のどこかで同じような悲劇が繰り返されているということに「平和ボケ」している私達への警鐘として、今この作品を観ることの意味はとても大きい。

    違反報告