アウシュヴィッツ・レポート|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アウシュヴィッツ・レポート

2021年7月30日公開,94分
PG12

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アウシュヴィッツ強制収容所を脱走した二人の若いスロバキア系ユダヤ人のレポートによって、12万人のユダヤ人の命が救われた実話を映画化。スロバキア人のペテル・ベブヤクが監督を務め、第93回アカデミー賞国際長篇映画賞のスロバキア代表作品に選ばれた。脱走を実行する二人を、「オフィーリア 奪われた王国」のノエル・ツツォル、新人のペテル・オンドレイチカが熱演。二人を救済する赤十字職員には「ハムナプトラ」シリーズのジョン・ハナーが好演している。二人のレポートは、通称「アウシュヴィッツ・レポート」と呼ばれる「アウシュヴィッツ・プロトコル(Auschwitz Protocols)」を構成する報告書の一つで、1944年4月に、アウシュヴィッツを脱走したアルフレート・ヴェツラーとヴァルター・ローゼンベルク(後に、ルドルフ・ヴルバに改名)の二人によって、収容所の内部やガス室の詳細などをまとめたもの。このレポートによって、ハンガリーのブダペストからアウシュヴィッツへの移送が中止となり、約12万人の命を助ける結果となった。正式には、44年11月に米国戦争難民委員会から発表・出版。収容所内部の詳細が描かれていたため、戦後1945年に行われた歴史的なニュルンベルク裁判においても証拠として用いられた。

予告編・関連動画

アウシュヴィッツ・レポート

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1944 年 4月、ポーランド南部のアウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。多くの囚人にとっては変わらない朝だったが、遺体の記録係をしているスロバキア人のアルフレートは、日々多くの人々が殺される過酷な収容所の実態を外部に伝えるため、同じスロバキア人で記録係のヴァルターとともに脱走を実行した。脱走が明るみになり、残された同じ収容棟の囚人らは何日も寒空の下で立たせられ、ラウスマン伍長から執拗な尋問を受ける。仲間の想いを背負った二人はなんとか収容所の外に脱走し、ひたすら山林をスロバキアとの国境に向けて歩き続ける。負傷や飢え、寒さで何度も倒れながらも、奇跡的に赤十字によって救出された二人は、赤十字職員のウォレンにアウシュヴィッツの信じられない実態を告白しはじめた。果たして、彼らの訴えは世界に届くのか──。

作品データ

原題
Sprava
映倫区分
PG12
製作年
2020年
製作国
イギリス=チェコ=ポーランド=スロバキア=ドイツ
配給
STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
94分

[c]D.N.A., s.r.o., Evolution Films, s.r.o., Ostlicht Filmproduktion GmbH, Rozhlas a televizia Slovenska, Ceska televise 2021 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    dwpcs477

    3.0
    1ヶ月前

    予告で良いところを繋ぐと全体ではイマイチというパターンでした。実話はストレートが一番なんでしょうね。

    違反報告