ショック・ドゥ・フューチャー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ショック・ドゥ・フューチャー

2021年8月27日公開,78分
PG12

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

エレクトロ・ミュージック全盛期前夜のパリを舞台に、近未来的なサウンドに心躍らせる女性音楽家と友人たちを描いた青春音楽映画。CMの作曲を依頼された若手ミュージシャンのアナは、納得のいく曲が書けずにいた。そんなある日、日本製の電子楽器に出会う。出演は、アレハンドロ・ホドロフスキー監督の孫で、モデルとしても活躍するアルマ・ホドロフスキー。監督は、「ブレイク・ビーターズ」で音楽を担当し、音楽プロジェクト『ヌーヴェル・ヴァーグ』の活動でも知られるマーク・コリン。カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2021オープニング作品。

予告編・関連動画

ショック・ドゥ・フューチャー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1978年、パリ。若手ミュージシャンのアナ(アルマ・ホドロフスキー)はCMの作曲を依頼されたが、納得のいく曲が書けずにいた。そんなある日、初めて見る日本製の電子楽器に出会った彼女は、理想のサウンドへのヒントをつかむ……。

作品データ

原題
Le choc du futur
映倫区分
PG12
製作年
2019年
製作国
フランス
配給
アット エンタテインメント
上映時間
78分

[c]2019 Nebo Productions - The Perfect Kiss Films - Sogni Vera Films [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    たるたるご

    4.0
    2021/7/10

    実は作品の主役は劇中に流れるエレクトロニックミュージックと、彼女の部屋に置かれた音響機器やレコード、ポスター⁈
    オタク要素も強かったりするのですが、心地よい1970年代後半のテクノサウンドに耳を傾けながら、ぼ〜っと鑑賞するのもたまにはありかなと思わせてくれるステキな作品でもある。

    違反報告