成れの果て|MOVIE WALKER PRESS
MENU
成れの果て

成れの果て

2021年12月3日公開,81分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「街の上で」の萩原みのり主演で2009年度サンモールスタジオ最優秀脚本賞受賞の同名戯曲を映画化。東京で暮らす小夜のもとに、故郷の姉・あすみから結婚すると連絡が入る。その相手、布施野の名前を聞いた小夜は愕然とし、友人のエイゴを連れて帰郷する。出演は、「千と千尋の神隠し」の柊瑠美、「あの頃。」の木口健太。監督は、「恐怖人形」の宮岡太郎。

フォトギャラリー

成れの果て 画像1
成れの果て 画像2
成れの果て 画像3
成れの果て 画像4
成れの果て 画像5
成れの果て 画像6

予告編・関連動画

成れの果て

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京でファッションデザイナーの卵として暮らしていた小夜(萩原みのり)のもとに、地元に暮らす姉・あすみ(柊瑠美)から連絡が入る。あすみは今度結婚するというが、名前を聞かれると言いにくそうに「布施野さん」と答える。小夜はその名前を聞き、愕然とする。居ても立ってもいられず、小夜は友人のエイゴ(後藤剛範)を連れて故郷に帰る。妹が突然に帰って来たことに、あすみは動揺する。帰宅した布施野(木口健太)と8年ぶりに再会した小夜は、地元の企業に就職し、結婚を控えるなど順風満帆な布施野に苛立つ。布施野は、8年前の小夜の事件に関係していたのだ。小夜の帰郷を引き金に、あすみに思いを寄せる幼なじみ、事件の現場に居合わせた布施野の友人、事件を小説にしようとするその恋人など、思惑を抱える人々の業が徐々に炙り出されていく。布施野に対する憎しみが抑えきれない小夜は、ついに驚くべき行動に出る。そして、あすみと小夜の確執が露わになっていく……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
日本
配給
SDP
上映時間
81分

[c] 2021 M×2 films [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?