かば|MOVIE WALKER PRESS
MENU

かば

2021年7月24日公開,135分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

大阪西成区の中学校で、様々な葛藤を抱えながら自分たちの生き方を模索する生徒たちと正面から向き合った実在の教師をモデルに映画化。1985年、荒んだ学校生活を送る子供たちに手を焼く蒲益男ら教師たち。そんなある日、臨時教員として若い加藤が赴任してくる。主人公・蒲を自身も大阪出身である「幸福な囚人」などの山中アラタが演じる。監督は「傘の下」の川本貴弘。

予告編・関連動画

かば

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1985年、夏。被差別部落が隣接する大阪西成区北部の中学校。人々の差別と偏見、貧困など多くの問題を抱えた環境の中で、生徒たちは荒んだ学校生活を送っていた。蒲益男(山中アラタ)をはじめとする教師たちが手を焼くなか、臨時教員として23歳の加藤(折目真穂)が赴任してくるが、初日から生徒に受け入れてもらえず自信を喪失してしまう。蒲は「今、子どもらは加藤先生を試しとるんや、ただ教師と生徒の関係ではアカンねん」と、得意の野球で生徒と向き合うことを勧める。案の定、反発する野球部員は勝負に勝てばコーチとして認めると豪語するもあっさり敗北。その後、加藤はチャーコという愛称で呼ばれるようになる。登校拒否になった転校生、家庭を顧みない母親、酒浸りで在日朝鮮人の父と暮らす女生徒、出身地を恋人に告白することができない卒業生、服役中の父親に代わって家庭を支える野球部主将……。教師たちは、時には生徒の家庭へ強引に入り込み、それぞれの事情を抱えた生徒たちと正面から向き合ってゆく……。

作品データ

製作年
2021年
製作国
日本
配給
[c]『かば』製作委員会
上映時間
135分

[c]『かば』製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?