リトル・ガール|MOVIE WALKER PRESS
MENU
リトル・ガール

リトル・ガール

2021年11月19日公開,85分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

幼少期のトランス・アイデンティティに対する認知と受容をめぐるドキュメンタリー。男の子の身体に生まれたが、女の子になることを夢みている7歳のサシャ。社会の壁に阻まれながらも、家族の力を借りて、サシャが本当の幸せを手にするための戦いを描く。監督はジェンダーやセクシュアリティに目を向けた作品を撮り続け、カンヌやベルリンをはじめ世界中の映画祭で評価されているセバスチャン・リフシッツ。性と身体の不一致は肉体が成長する思春期に起こるのではなく、幼少期で自覚されることについて取材を始めていた過程で、サシャの母親カリーヌと出会い本作が生まれた。2020 年ベルリン国際映画祭で上映後、モントリオール国際ドキュメンタリー映画祭のピープルズ・チョイス賞やインサイド・アウトLGBT映画祭の観客賞(ドキュメンタリー長編)など、世界中で様々な映画賞を受賞している。

フォトギャラリー

リトル・ガール 画像1
リトル・ガール 画像2
リトル・ガール 画像3
リトル・ガール 画像4
リトル・ガール 画像5

予告編・関連動画

リトル・ガール

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

サシャは 2 歳を過ぎた頃から自身の“性別の違和感”を訴えてきたが、学校では女の子としての登録が認められず、“男子”からも“女子”からも疎外され、バレエ教室では男の子の衣装を着せられてしまう。やがて7歳になっても、ありのままに生きることができない、不自由なサシャ。家族はそんな彼女を支え、個性を周囲に受け入れさせるため、学校や社会へ働きかけるのだが……。

作品データ

原題
Petite fille
映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
フランス
配給
サンリスフィルム
上映時間
85分

[c]AGAT FILMS&CIE-ARTE France-Final Cut For real-2020 [c]キネマ旬報社

  • たるたるご
    たるたるご
    5.0
    2ヶ月前

    光を纏う美しいシーンが次々に映し出され、これ本当にドキュメンタリー作品なの⁈と疑うくらい、まずはその映像に魅了された。
    そして何より、静かに、淡々と、胸の内に秘めた思いと、時々見せる7歳の主人公サシャの涙の表情が、想像を超える破壊力だった。

    違反報告