場所はいつも旅先だった:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
場所はいつも旅先だった

場所はいつも旅先だった

2021年10月29日公開、80分、ドキュメンタリー
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

雑誌『暮しの手帖』元編集長で文筆家や書店オーナーなど様々な顔を持つ松浦弥太郎が初監督したドキュメンタリー。アメリカ・サンフランシスコやスリランカのシギリアなど世界5ヶ国・6都市を巡り、旅先での出会いとかけがえのない日々を飾らない言葉で綴る。松浦弥太郎の自伝的エッセイ集『場所はいつも旅先だった』と同題ながら、映画オリジナルの内容になっている。脚本家・演出家の小林賢太郎が朗読を担当。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

場所はいつも旅先だった

予告編

2021/7/2(金)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

雑誌『暮しの手帖』元編集長で文筆家や書店オーナーなど様々な顔を持つ松浦弥太郎が自ら旅をし、サンフランシスコ(アメリカ)、シギリア(スリランカ)、マルセイユ(フランス)、メルボルン(オーストラリア)、台北・台南(台湾)の世界5ヶ国・6都市でロケを敢行。現地の人々の日常の営みが感じられるとして主に早朝と深夜に撮影。そこで起こる出会いとかけがえのない日々を、飾らない言葉でひとつひとつ綴る。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
日本
配給
ポルトレ
上映時間
80分
製作会社
ポルトレ
ジャンル
ドキュメンタリー

[c]Mercury Inspired Films LLP [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.2 /4件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?