パトリオット・ゲーム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

パトリオット・ゲーム

1992年8月1日公開,117分
  • 上映館を探す

テロ事件に居合わせた元CIAアナリストがテロリストと激しい闘いを繰り広げるアクション。「レッド・オクトーバーを追え!」に続くジャック・ライアン・シリーズ第2弾。監督は「ブラインド・フューリー」のフィリップ・ノイス、製作はメイス・ニューフェルドとロバート・レーメ、エグゼクティヴ・プロデューサーはチャールズ・H・マグワイアー、トム・クランシーの同名小説を「ハートブルー」のW・ピーター・イリフと「ミッシング」のドナルド・スチュワートが脚色、撮影は「フィールド・オブ・ドリームス」のドナルド・M・マッカルパイン、音楽は「ロケッティア」のジェームズ・ホーナーが担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

CIAを辞め、海軍学校の教官となったジャック・ライアン(ハリソン・フォード)は、妻で眼科医のキャシー(アン・アーチャー)、ひとり娘のサリー(ソーラ・バーチ)と仕事を兼ねた休暇旅行のためロンドンにいた。英国海軍大学でのスピーチを終えたジャックは、妻子が待つバッキンガム宮殿へ向かうが、その時テロリストが1台の車を襲撃するところに出くわす。本能的にテロリストに立ち向かい負傷しながらもひとりを射殺、駆けつけた警官によりテロリストのひとり、ショーン・ミラー(ショーン・ビーン)が逮捕された。殺されたのはショーンの弟だった。ジャックが救ったのは皇太后の従弟ホームズ卿(ジェームズ・フォックス)一家で、彼はサーの称号を送られることになった。1カ月あまりのイギリス滞在を終え、自宅に戻ったジャック一家。そんな彼らを追いかけるようにIRA幹部パディ・オニール(リチャード・ハリス)も資金集めのためアメリカへやってきた。一方その頃、テロリスト集団のリーダー、ケヴィン・オドンネル(パトリック・バーギン)と、赤毛の美人アネット(ポーリー・ウォーカー)らは別の警察署へ護送中のショーンを奪還。ショーン逃走のニュースはCIAのグーリア提督(ジェームズ・アール・ジョーンズ)にも届いた。ある日授業を終えたジャックは不審な男に襲われ、危機一髪で海軍兵に助けられる。妻子の危険を察知したジャックは猛スピードで家路をたどるが、アメリカへ潜入していたケヴィンがキャシーとサリーをハイウェイ上で狙撃、車はコンクリート壁に激突してしまう。一命はとりとめたがサリーは重体のまま。怒りにうち震れるジャックはCIAへ赴き、テロリストの行方を追うことになった。CIAではテロリスト担当の専門家がショーンたちの行方を追い、衛星などの情報や「一味に女が絡んでいる」とのジャックの証言から北アフリカに訓練キャンプがあるのではないかとにらみ、ジャックの元にもパディから例の女が写っている写真が届けられた。CIAはキャンプ襲撃に乗り出すが、ケヴィンらは一足早く脱出、再びアメリカへと向かっていた。嵐の中、訪米中のホームズ卿はライアン家で叙勲式を行うが、ここにもケヴィンらの手が伸び、ジャックらは命からがら海へ逃げ出す。弟の復讐に怒り狂うショーンはケヴィンとアネットを射殺、ジャックに襲いかかるが、海上での死闘の末ジャックはケヴィンを倒すのだった。

作品データ

原題
Patriot Games
製作年
1992年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント=UIP
上映時間
117分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.8
  • ター坊

    4
    2006/12/19

    CIAの分析官を辞め、アナポリスの海軍兵学校の教官となったジャック・ライアン(フォード)は、妻で眼科医のキャシー(アーチャー)、ひとり娘のサリー(バーチ)と仕事を兼ねた休暇旅行のためロンドンにいた。
    英国海軍大学でのスピーチを終えたジャックは、妻子が待つバッキンガム宮殿へ向かうが、その時テロリストが1台の車を襲撃するところに出くわす。本能的にテロリストに立ち向かい負傷しながらもひとりを射殺、駆けつけた警官によりテロリストのひとり、ショーン・ミラー(ビーン)が逮捕された。殺されたのはショーンの弟だった。
    ジャックが救ったのは皇太后の従弟ホームズ卿(フォックス)一家で、彼はナイトの称号を送られることになった。1カ月あまりのイギリス滞在を終え、自宅に戻ったジャック一家、そんな彼らを追いかけるようにIRA幹部パディ・オニール(ハリス)も資金集めのためアメリカへやってきた。一方その頃、テロリスト集団のリーダー、ケヴィン・オドンネル(バーギン)と、赤毛の美人アネット(ウォーカー)らは別の警察署へ護送中のショーンを奪還するのだった。
    ショーン逃走のニュースはかつての上司でCIA情報担当副長官のグリーア提督(ジョーンズ)によってジャックの届けられる。
    ある日授業を終えたジャックは不審な男に襲われ、危機一髪で海軍兵に助けられる。妻子の危険を察知したジャックは猛スピードで家路をたどるが、アメリカへ潜入していたショーンがキャシーとサリーをハイウェイ上で狙撃、車はコンクリート壁に激突してしまう。一命はとりとめたがサリーは重体のままだった。
    怒りにうち震れるジャックはCIAへ赴き、テロリストの行方を追うことになった。CIAではテロリスト担当の専門家がショーンたちの行方を追い、衛星などの情報や「一味に女が絡んでいる」とのジャックの証言から北アフリカに訓練キャンプがあるのではないかとにらむのっだった。さらにジャックはアナポリスの同僚で親友のロビー・ジャクソン大佐(ジャクソン)と共にアイルランド人が集まるの酒場に行きオニールを恐喝し、女アネットの情報と彼女のイギリスでの接触者である古書屋のクーリェの情報を得るが、ロンドン警視庁のクーリェの監視がばれ、クーリェは北アフリカのキャンプに合流する。しかし彼の姿が衛星写真に写り、グリーア提督はキャンプにアメリカ特殊部隊を派遣しキャンプを破壊するのだった。
    そしてライアン家ではサリーの退院祝いのパーティとさらにジャックのナイトの叙勲式が行われることとなるのだった。
    一方破壊したキャンプからはクーリェの死体は発見されるが他のテロリストの遺体の判明はまだだった。
    その頃、ライアン家ではホームズ卿の秘書がシークレットサービスらを殺害しケヴィンらの手引きをするのだった…。
    トム・クランシーの「愛国者のゲーム」を映画化しました。
    「レッド・オクトーバーを追え!」から始まる“ジャック・ライアン”シリーズ第2弾です。「レッド・オクトーバーを追え!」ではライアンをアレック・ボールドウェンが演じていましたが本作からはハリソン・フォードが演じ、上司のグリーア提督は代わらずダースベイダーの声として有名なジェームズ・アール・ジョーンズが演じています。
    映画自体はアクションあり、サスペンスあり、家族愛あり、衛星を使ったハイテク戦ありとおもしろいですが、原作ファンの筆者にはもの足りないです。
    原作では「レッドオクトーバーを追え」以前の話でライアンがナイトの称号を得た話の設定が、映画では「レッドオクトーバーを追え!」の後の話となっています。
    さらに原作ではクーリェは最後のライアン家襲撃に参加しますが、映画ではキャンプでショーンに殺されます。
    さらに原作ではライアンにテロリストからの報復から身を守る為に銃器の扱いを教える特務曹長がいて、ラスト、ライアンはボートでテロリストを米軍基地までおびき寄せ特務曹長らとテロリストを捕まえます、映画は敵討ちに燃えるショーンが暴走しライアンに殺されます。
    さらに映画では中盤脱走するショーンがロンドン警視庁のアイルランド人警視(警部と訳されてますが警視のはずです)を殺しますが、原作では撃たれたものの最後に杖をついて現れます。
    さらにグリーアの副官のマーティン・カウンターが余命少ない病気と言う設定も映画ではありませんでした。
    これら上記が全て映像化されていれば大変面白かったとおもいますが、莫大な尺の映画となっていたでしょう。
    音楽は「48時間」「レッドブル」等のジェームズ・ホーナーが担当し、ケルト音楽的な素晴らしいスコアを提供し、本作以降、「デビル」「タイタニック」とアイリッシュ系の映画を担当し「タイタニック」でオスカーを獲得します。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告