パリが恋するとき:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
パリが恋するとき
パリが恋するとき

パリが恋するとき

1964年2月1日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「5つの銅貨」のメルヴィル・シェイヴェルソンが製作・監督した諷刺喜劇。彼自身の脚本。「ウエスト・サイド物語」のダニエル・L・ファップが撮影を、レイス・スティーヴンスが音楽を担当した。出演者は「ハッド」のポール・ニューマン、「悶え」のジョアン・ウッドワード、「西部開拓史」のセルマ・リッターー、「画家とモデル(1955)」のエヴァ・ガボール、「おかしな、おかしな、おかしな世界」のマーヴィン・キャプランなど。またモーリス・シュバリエが数曲を唄う。テクニカラー・スタンダードサイズ、1963年作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

サマンザ(ジョアン・ウッドワード)は社長バーグナー(ジョージ・トビアス)に信頼の厚いバイヤー。スティーブ(ポール・ニューマン)は新聞記者だが社長夫人にプレイボーイぶりを発揮し、パリへ追われた。彼は飛行機でパリに流行を盗みに行くサマンザと知り合うが、その男まさりを嫌い、彼女も彼がスチュワーデスに慣れ慣れしいのをみて、彼のムシが好かない。パリのファッションモデルらと同行のサマンザは、バー、キャバレー、ファッション・ショウなどの席上でスティーブと顔を合わした。彼の目的はガールハントだが、巧妙な手管の彼をサマンザもさすがに気になりはじめた。聖カテリーヌの祭の日がきた。サマンザ一行は酔いにまかせて教会に行き、夫が見つかるように祈った。聖カテリーヌがどんなアドバイスをしたか分からないが、翌日からサマンザは男まさりの姿をガラリと変え、カツラまでつけて、見違るほどのグラマーになった。改めてサマンザに紹介されたスティーブさえ正体を見破れず、貴族の女性と思い込み、彼女の“冗談”を本気にして記事まで書き、特ダネもので社長の怒りさえといた。2人は正体がバレることによっていざこざも起こすが結局は結ばれた。どうしてこんなことになったか?知っているのは聖カテリーヌだけということだ。

作品データ

原題
A New Kind of Love
製作年
1963年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント
上映時間
0分
製作会社
パラマウント映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?