パリよこんにちは!|MOVIE WALKER PRESS
MENU

パリよこんにちは!

1963年10月12日公開,130分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ウォルト・ディズニー製作。監督は「ムーン・パイロット」のジェームズ・ニールソン、原作はメリジェイン・ヘイスとジョセフ・ヘイス。脚色はビル・ウォルシュ、撮影はウィリアム・スナイダー、音楽はポール・スミスが担当している。出演者には、「ボクはむく犬」のフレッド・マクマレイ、「ポリアンナ」のジェーン・ワイマン、「コルドラへの道」のマイケル・カラン、「汚れなき瞳」のケヴィン・コーコラン、「ムーン・パイロット」のトミー・カークなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ハリー・ウィラード一家の長年の夢であった、ヨーロッパ観光旅行が、ようやくかなえられることとなった。総勢5人優しいパパ(フレッド・マクマレイ)と美しいママ(ジェーン・ワイマン)それに、芳紀20歳の長女エミー(デボラ・ウォーリー)長男エリオット(トミー・カーク)と末っ子スキッパー坊や(ケヴィン・コーコラン)はニューヨーク港から、ユナイテッド・ステイツ号で出発した。乗船した一家は、家族で楽しもうとするパパとは逆に、魅力満点のエミーは、はやくもハンサム青年ニック(マイケル・カラン)とデイト。長男エリオットもインド美人とあつあつで、パパもママも子供のロマンスにやきもきしながらフランスに着いた。せっかく親しくなったニック、インド美人ともお別れだ。しょげている2人を元気づけて、一家はパリ見物をすることとなった。有名なエッフェル塔の下で真赤なスポーツカーで近寄った青年、ロンドンにいったはずのニックだ。ママのとりなしでニックに案内されて、楽しいパリの旅行が続いた。ある夜、ニックの母親のドフレンス伯爵夫人(ジェシー・ロイス・ランディス)に招待されたママは、プレイボーイのルドルフ・ハンスチャク(I・ディズニー)にいいよられて大弱り、しかし楽しい豪華なパーティーを持つことができた。リビエラで休日を過ごした一家は最後の夜をカンヌでと、パパはママを連れて、カジノにやって来た。ちょうどいあわせたのがあのプレイボーイのルドルフ、我慢ならなくなったパパは、ゲームに誘うルドルフを猛パンチでノック・ダウン。駆けつけたニックのとりなしで、ホテルについたパパは、パパの勇気に感謝するママと、エミーにプロポーズしたニック青年に囲まれて幸せだった。

作品データ

原題
Bon Voyage!
製作年
1962年
製作国
アメリカ
配給
日本RKO映画
上映時間
130分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?