百万弗の人魚|MOVIE WALKER PRESS
MENU

百万弗の人魚

1953年4月15日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ガス燈」のアーサー・ホーンブロウ・ジュニアが製作し、「若草物語(1949)」のマーヴィン・ルロイが監督に当たったテクニカラーの水中レヴュー映画で、往年の水泳スター、アネット・ケラーマンの伝記に基づいたもの。脚本は「虹を掴む男」のエヴェレット・フリーマン、音楽は「花嫁の父」のアドルフ・ドイッチェ、撮影は「アダム氏とマダム」のジョージ・フォルシーの担当。主演は「闘牛の女王」のエスター・ウィリアムス、「サムソンとデリラ」のヴィクター・マチュア、「フォーサイト家の女」のウォルター・ビジョン、舞台から映画入りしたデイヴィッド・ブライアンの4人で、子役ドナ・コーコラン、ニューヨークシティ・バレエ団のマリア・トールチーフらが助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1900年のオーストラリア。シドニーにあるケラマン音楽学院の当主フレデリック・ケラーマン(ウォルター・ピジョン)の1人娘アネット(ドナ・コーコラン)は小児マヒで歩行もあきらめていたほどだったが、水泳を楽しむようになってから日一日と足に力がつき、健康体になったばかりか、競泳にも優勝するほどになった。やがて経済恐慌から音楽学院は閉鎖され、フレデリックはロンドンの友人が開いている音楽学校を手伝うため、今は美しく成長したアネット(エスター・ウィリアムス)を連れて渡英することにした。その船中で、父娘はジェームズ・サリヴァン(ヴィクター・メイチァー)という駆け出しの興行師に逢った。彼はアネットの美しい姿態を見て、プロ入りをすすめたが、2人に一笑に付された。ロンドンについてみると友人は既に死んでおり、父娘の生活は困難に瀕した。そのころジェームズがひょっこり現われ、彼の企画でアネットがテムズ河の遠泳をしたところ、彼女の名前はたちまちロンドン中に知れ渡った。ジェームズはアネットをニューヨークの大ショー劇場ヒポドロームに売り込もうと親子ともども海を渡った。だが劇場の支配人ハーパー(デイヴィッド・ブライアン)は問題にせず、ジェームズたちは夏期休暇をあてこんでボストンのリヴァ・ビーチで遠泳を試み、ワンピースの水着姿でセンセーションをまきおこし、裁判ざたまでになった。次いでジェームズは飛行機とアネットのショーをおりこんだ新企画をたてたが、アネットは週500ドルの水泳講習の旅に出て父の音楽学校の賞金を稼ごうと考えており、2人は互いに愛し合いながらも喧嘩わかれになった。そのとき、待望のヒポドロームから水上ショーの主役に招かれ、彼女の父もそこのオーケストラの指揮者にやとわれた。アネットはたちまち人気者となったが、父は間もなくこの世を去った。アネットからわかれたジェームズが大陸横断飛行にとび出した。アネットはハーパーから求婚された。その時、ジェームズの機が墜落したと報ぜられたが、幸い彼は軽傷で手当てをうけてからどこかへ立ち去った。その年の暮れ、アネットはハーパーの求婚を受け、ハリウッドからは水中レヴュー映画「海神の娘」の主演に招かれた。その撮影中、思いかけない惨事でアネットは重傷を負った。ジェームズは毎日のように病院を訪れたが、面会できなかった。その姿を見たハーパーは、アネットとジェームズが本当に愛し合っていることを知り、自ら身をひいた。

作品データ

原題
Million Dollar Mermaid
製作年
1952年
製作国
アメリカ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?