半狂乱|MOVIE WALKER PRESS
MENU
半狂乱
半狂乱

半狂乱

2021年11月12日公開,111分
R15+
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭2019アジア部門グランプリを受賞した「超擬態人間」の藤井秀剛監督による青春犯罪サスペンス。夢を追う日々に行き詰まる劇団員たちは、全てを賭けた舞台公演ために強盗をはたらく。しかし公演当日、事故が起き……。劇場占拠事件を基に、29歳の若者にスポットライトを当て、年齢と共に夢を追うことが難しくなる現代社会を描く。「超擬態人間」の越智貴広、「死ね!死ね!シネマ」の工藤トシキ、ダンス&ボーカルユニットDiVA元メンバーの山上綾加ら、オーディションで選抜された20代後半の俳優たちが出演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

舞台公演初日。200人の観客が開場を待つ裏で、開演準備が着々と進められていた。そんな中、劇団員のカバンの中から差出人不明の100万円の束が発見される。劇団員は困惑するが、座長の将には心当たりがあるようだった……。その半年前、劇団員たちは夢を追いながらも変わらぬ日々に行き詰っていた。このまま終わりたくないと考えた彼らは、大きな劇場を満員にして業界人も呼び、自分たちの力を証明しようと画策。しかし資金のない彼らにとって、それはかなわぬ夢物語だった……。その1ヶ月後、劇団員の苦悩は続いていた。座長の将と団員の樹志はヤクザから借金まで負わされる。精神的な限界を迎えた樹志が自らの命を絶とうとしたその時、一人の女性が彼の目の前に現れた。樹志を死の淵から救い出したその女性は雪乃と名乗り、彼女の優しさに樹志は徐々に惹かれていった。ゴロツキではない自分の姿を雪乃に見せたいという彼の思いが届いたのか、運が味方をし始め、大規模公演を実現させる方法が見えてくる。全てが上手く行きつつあったものの、ある事件に巻き込まれてしまい……。全てを賭けた大舞台がついにスタート。満席の客席の中には、招待した業界人もいる。しかし舞台袖で事故が発生し、団員の一人が瀕死の重体に。全てを賭けた舞台ではあるものの、座長の将はやむなく中止を決断する。樹志はそれに反発。樹志はどれだけの犠牲を払ってきたかわかっているのかと言い、劇場の扉に鍵をかけ、日本刀片手に観客を脅し、監禁し始める……。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2021年
製作国
日本
配給
POP
上映時間
111分

2021[c]POP CO., LTD. [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?