歩きはじめる言葉たち 漂流ポスト3.11をたずねて|MOVIE WALKER PRESS
MENU

歩きはじめる言葉たち 漂流ポスト3.11をたずねて

2021年10月16日公開,90分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

大切な人を亡くした人々の心の拠り所となっている岩手県陸前高田市の漂流ポスト3・11をめぐるドキュメンタリー。故・佐々部清監督の盟友・升毅が監督のゆかりの地を訪ね、監督が生前映画制作を果たせなかった東日本大震災の被災地で漂流ポスト3・11と出会う。監督は、佐々部清監督の「群青色の、とおり道」「八重子のハミング」に製作として参加した野村展代。漂流ポストの活動に感銘を受け映画化に向け動き出していたものの、諸事情により監督する予定であった佐々部清氏と話し合い一度企画をストップ。佐々部監督のサポートのもと野村監督のメガホンでドキュメンタリー映画として再出発した矢先に、佐々部監督が急逝した。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

歩きはじめる言葉たち 漂流ポスト3.11をたずねて

特報

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2011年3月11日に起きた東日本大震災から10年。岩手県陸前高田市にひっそりと佇む森の小舎には、大切な人を亡くし、悲しみを抱えた人々からの手紙を受け取り続ける“漂流ポスト3.11”がある。この漂流ポストは、森の小舎を営む赤川勇治が、震災遺族の心にしまわれたままの悲しみが手紙を書く事で癒されればとの思いから立ち受付を始めたもの。亡くなった大切な人への想いが綴られた手紙が、漂流ポストに宛てられる。やがて震災以外にも同じような気持ちを抱えた人たちに広がり、現在も大切な人を亡くした人々の心の拠り所となっている。俳優の升毅は2020年3月に急逝した映画監督・佐々部清に思いを寄せ、佐々部氏ゆかりの地や親しかった人々を訪ねる旅へ。そして佐々部監督が生前に果たせなかった東日本大震災の被災地での映画作りを思い、岩手県陸前高田市に足を運び、“漂流ポスト3.11”と被災地の今の姿に出会う。旅先でインタビューを重ね、生きることを改めて考える升。佐々部監督の仲間たちから託された手紙を携え、再び漂流ポストを訪れた彼は、孤独と向き合い、ペンを手に取る。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
日本
配給
アークエンタテインメント
上映時間
90分

[c]Team 漂流ポスト [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?