パリのアメリカ人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

パリのアメリカ人

2021年10月15日公開,139分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アカデミー賞を受賞したアメリカのミュージカル映画『巴里のアメリカ人』の舞台版をスクリーンで上映。2015年のブロードウェイではトニー賞に12部門ノミネートされ、最多となる4部門を受賞した。上映されるのは2018年のウェストエンド公演を撮影した映像となり、ロバート・フェアチャイルド、リャーン・コープ、ハイドゥン・オークリーらが出演。ロス・マッギボンが映画版監督を務める。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカ人退役軍人のジェリー・マリガンは、戦争の終結以来、希望とチャンスに満ちあふれるパリに身を置き、画家を目指す日々を送っていた。終戦後のパリの美しい街並みのなかで、ジェリーは若く美しいダンサー、リズと運命的な出会いを果たす。芸術や友情、恋をめぐり生活は流れていくが、彼らの複雑な恋愛模様に夢や友情が絡み合っていく。

スタッフ

クリストファー・ウィールドン

演出、振付

オースティン・ショウ

プロデューサー

ロス・マッギボン

映画版監督

スチュアート・オーケン

舞台版プロデューサー

ヴァン・カプラン

舞台版プロデューサー

ロイ・ファーマン

舞台版プロデューサー

マイケル・マケイブ

舞台版プロデューサー

ジョシュア・アンドリューズ

舞台版プロデューサー

ティム・スミス

エグゼクティブプロデューサー

ジェームズ・スウォーブリック

エグゼクティブプロデューサー

フィル・ハント

エグゼクティブプロデューサー

コンプトン・ロス

エグゼクティブプロデューサー

ジョナサン・フューアー

エグゼクティブプロデューサー

ジェームズ・スコット

エグゼクティブプロデューサー

ボニー・コムリー

エグゼクティブプロデューサー

スチュアート・F・レーン

エグゼクティブプロデューサー

ジョージ・ガーシュウィン

作曲&作詞

アイラ・ガーシュウィン

作曲&作詞

クレイグ・ルーカス

台本

ジェームズ・オレンジ

キャスティング

ボブ・クローリー

装置デザイン、衣装デザイン

ナターシャ・カッツ

照明デザイン

ジョン・ウェストン

音響デザイン

ロブ・フィッシャー

ミュージカルスコア・編曲&スーパーバイザー

トッド・エリソン

音楽スーパーバイザー

クリストファー・オースティン

オーケストレーション

ビル・エリオット

オーケストレーション

サム・デイヴィス

ダンス・アレンジメント

ジョン・リグビー

音楽監督

作品データ

製作年
2018年
配給
松竹
上映時間
139分

[c]Angela Sterling [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?