ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド

ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド

2021年12月3日公開、91分、青春
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1980年代、イギリスのロックバンド、ザ・スミスの解散時のアメリカを舞台に「ザ・スミスファンのラジオ局ジャック事件」を描く。タイトルにもある「ショップリフターズ」のほか、「ゼア・イズ・ア・ライト」、「ディス・チャーミング・マン」、「心に茨を持つ少年」など、ザ・スミスの名曲が全編にちりばめられている。

予告編・関連動画

ショップリフターズ・オブ・ザ・ワールド

本編映像

2021/12/10(金)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1987年、コロラド州デンバー。クレオは愛するイギリスのバンド、ザ・スミスが解散するというニュース知りショックを受ける。そしてクレオは「街の連中に一大事だと分からせたい」と、レコードショップで働くディーンに訴える。その後、ディーンはクレオをデートに誘ったものの、クレオは友人に会いに行ってしまう。一人になったディーンはラジオ局に押し入り、「ザ・スミスの曲をかけろ!」とDJを銃で脅すという暴挙に出る。

作品データ

原題
SHOPLIFTERS OF THE WORLD
映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
アメリカ=イギリス
配給
パルコ
上映時間
91分
製作会社
3:59=Untitled Entertainment
ジャンル
青春

[c]2020 SOTW Ltd. All rights reserved [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6 /6件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?