劇場上映版『エリック・クラプトン/ロックダウン・セッションズ』|MOVIE WALKER PRESS
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 劇場上映版『エリック・クラプトン/ロックダウン・セッションズ』

劇場上映版『エリック・クラプトン/ロックダウン・セッションズ』

2021年10月8日公開,89分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ロックダウン下のイギリスで、エリック・クラプトンが30年ぶりに挑んだアコースティック・ライブ。2021年3月、1875年に建てられたカントリーハウスで、ネイザン・イーストら盟友3人と共に無観客で録音。オフショット、インタビュー等を交え、全14曲を収録。監督はレディオヘッドやビョーク、ペット・ショップ・ボーイズなど、数々のライブ映像を手掛けてきたデヴィッド・バーナード。

フォトギャラリー

劇場上映版『エリック・クラプトン/ロックダウン・セッションズ』 画像1
劇場上映版『エリック・クラプトン/ロックダウン・セッションズ』 画像2
劇場上映版『エリック・クラプトン/ロックダウン・セッションズ』 画像3
劇場上映版『エリック・クラプトン/ロックダウン・セッションズ』 画像4

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2021年2月、エリック・クラプトンは同年5月に予定をしていた恒例のロイヤル・アルバート・ホールでのライブを、世界中を襲っているパンデミックCOVID-19の影響のためにキャンセル。だが、クラプトンはすぐに旧知のメンバー、ネイザン・イースト、スティーヴ・ガッド、そしてクリス・ステイントンに声をかけ、無観客でのアコースティック・ライブを行うこととした。場所はロンドンの南、ウェストサセックスのカウドレイ・パーク内にある1875年に建てられたグレード2のビクトリア朝のカントリーハウス。クラプトンの膨大なレパートリーの中から、最終的にクラプトン自身のルーツを探求するような曲が並ぶ。また演奏自体にもこだわり、通常のライブでは表現し辛いが無観客のクローズドだからできる繊細な演奏を心掛けたという。

作品データ

原題
LOCKDOWN SESSIONS
映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
イギリス
配給
Eastworld Entertainment=カルチャヴィル
上映時間
89分

[c]2021 Bushbranch Productions Ltd All Rights Reserved [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?