ナチス・バスターズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ナチス・バスターズ
ナチス・バスターズ

ナチス・バスターズ

2021年12月3日公開,98分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第2次大戦中のソ連を舞台に、謎の狙撃兵とドイツ軍の戦いを描く戦争アクション。1941年、冬。ソ連に侵攻したドイツ軍兵士の間で、あるロシア狙撃兵がドイツ兵を次々と射殺しているという噂が広まっていた。彼らはその狙撃兵を“赤い亡霊”と呼んでいた。出演は、「セイビング・レニングラード 奇跡の脱出作戦」のアレクセイ・シェフチェンコフ。VFXは、「T-34レジェンド・オブ・ウォー」のアレクセイ・オブチニコフ、「ワールドエンド」のドミトリイ・リバコフ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1941年12月。ドイツ軍がソ連に侵攻し、モスクワを目前に戦線は膠着していた。そんななか、一匹狼のロシア狙撃兵がドイツ兵を次々と射殺しているらしいという噂が、ドイツ軍兵士の間で広がっていた。すでに100人以上が犠牲になっており、獲物の軍服からは肩章が剥ぎ取られているという。ドイツ兵はその正体不明の死神を“赤い亡霊”と呼び、いつ狙撃されるか分からない恐怖に怯えていた。その頃、部隊とはぐれ、味方の戦線に戻ろうと敵地を進む5人のロシア兵たちの姿があった。その一行には、妊娠している看護師・ベラも加わっていた。誰もいない寒村にたどり着いた彼らはそこで休息をとることにするが、5人が周辺を偵察している最中、ブラウン大尉の率いるドイツ軍部隊が村に現れ、ベラが捕らえられてしまう。ベラを救出するため戦闘を決意する5人だったが、多勢に無勢で全滅の危機に陥る。そのとき、どこからともなく飛んできた銃弾によって、次々とドイツ兵が倒れていく。その銃弾を放ったのは、謎のスナイパー“赤い亡霊”だった……。

作品データ

原題
KRASNYY PRIZRAK
製作年
2020年
製作国
ロシア
配給
アルバトロス・フィルム
上映時間
98分

[c]キネマ旬報社

  • dwpcs477
    dwpcs477
    4.0
    1ヶ月前

    このところロシア語作品が続いてますが、1941と比較すると評価低めです。でも内容は楽しめました!

    違反報告