クナシリ|MOVIE WALKER PRESS
MENU
クナシリ

クナシリ

2021年12月4日公開,74分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

旧ソ連出身でフランス在住の映像作家ウラジーミル・コズロフが、日本の北方領土・国後島の現実を捉えたドキュメンタリー。ロシア側の主張に偏ることなく、至るところに残る第二次世界大戦の痕跡を掘り起こしながら暮らす島民たちの生活の実態を映し出す。

フォトギャラリー

クナシリ 画像1
クナシリ 画像2
クナシリ 画像3
クナシリ 画像4
クナシリ 画像5
クナシリ 画像6

予告編・関連動画

クナシリ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

北海道からわずか16キロに位置し、かつては四島全体で約17,000人の日本人が生活していた北方領土。しかし、戦後の1947~48年にかけて強制退去が行われ、現在、日本人は一人もおらず、日本政府は問題が解決するまで、日本国民に入域を行わないよう要請している。本作は、日本人が容易に足を踏み入れることができないこの北方領土の国後島で暮らすロシア人島民らの生活、島の様子をありのままに映し出す。寺の石垣、欠けた茶碗、朽ち果てた船や砲台など、島のいたるところに第二次世界大戦の痕跡があり、島民らはそれらを土から掘り返すのと同時に、記憶の中から日本人との思い出も掘り起こし始める。日本人墓地は土に埋もれたまま無残に放置されており、島民らの生活圏も整備が行き届かない家やゴミが散らばり、荒れ果てるなど、忘れ去られたかのように寂しい風景が広がる。政治に翻弄され、複雑な思いを抱える島民たち。現状を嘆き、率直に生活苦を口にする彼らの厳しい暮らしについては、日本ではあまり知られていない。ロシア側の主張に偏ることなく、島に暮らす人々の証言や生活の実態を映した本作からは、本当に解決すべき問題や住民たちの真の願いが見えてくるはずだ。

作品データ

原題
KOUNACHIR
製作年
2019年
製作国
フランス
配給
アンプラグド
上映時間
74分

[c]Les Films du Temps Scellé - Les Docs du Nord 2019 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?