MONSOON/モンスーン|MOVIE WALKER PRESS
MENU
MONSOON/モンスーン

MONSOON/モンスーン

2022年1月14日公開,85分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ」のヘンリー・ゴールディング主演のロードムービー。両親の遺灰を埋葬するため、英国から30年ぶりに祖国ベトナムに戻ったキット。従兄弟のリーと共に埋葬場所を探す中、彼は自らのアイデンティティを見つめなおす。共演は「モンスターズ/新種襲来」のパーカー・ソーヤーズ。監督は「追憶と、踊りながら」のホン・カウ。

フォトギャラリー

MONSOON/モンスーン 画像1
MONSOON/モンスーン 画像2
MONSOON/モンスーン 画像3
MONSOON/モンスーン 画像4
MONSOON/モンスーン 画像5
MONSOON/モンスーン 画像6

予告編・関連動画

MONSOON/モンスーン

インタビュー映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ベトナム。キット(ヘンリー・ゴールディング)は両親の遺灰を埋葬するため、30年ぶりに祖国であるサイゴン(現ホーチミン)に足を踏み入れる。キットは6歳のとき、家族とともにベトナム戦争後の混乱を逃れてイギリスに渡った“ボート難民”だった。以来、これが初めての帰郷となる。もはやベトナム語すらままならない彼は、英語が話せる従兄弟リー(デヴィッド・トラン)の助けを借りながら、埋葬する大事な場所を探し始めるが、思うように進まない。サイゴンは今やすっかり経済成長を遂げ、かつての姿は見る影もなかったからだ。そんな中、ネットで知り合ったアフリカ系アメリカ人のルイス(パーカー・ソーヤーズ)と一夜を共にするキット。ルイスの父親はベトナム戦争に従軍した過去を持ち、そのことを隠してこの国で暮らしていた。その後、両親の故郷ハノイへ向かったキットは、サイゴンで知り合ったアートツアーを主催する学生リン(モリー・ハリス)を訪ね、彼女の実家が営む伝統的な蓮茶工房を見学する。それは、キットの知る“古き良きベトナム”の姿にようやく触れられた時間だったが、リンにとっては時代遅れなものでしかなかった。ハノイでも、埋葬場所探しは芳しい成果が上げられず、サイゴンに戻るキット。そこで彼は、リーから自分たちの家族の亡命にまつわる“ある真実”を聞かされる……。

作品データ

原題
MONSOON
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
イギリス=香港
配給
イオンエンターテイメント
上映時間
85分

[c]MONSOON FILM 2018 LIMITED, BRITISH BROADCASTING CORPORATION, THE BRITISH FILM INSTITUTE 2019 [c]キネマ旬報社

  • スクラ
    スクラ
    4.0
    10日前

    移民2世のアイデンティティはいずこにあるのか。

    印象的なカメラワーク、音の使い方で30年ぶりに故郷に戻った主人公キットの感情がリアルに伝わってきた。

    フィクションではあるけど、今の社会で似たような立場にいる人々を代弁しているような映画だった。

    違反報告
  • ちとせ
    ちとせ
    4.0
    12日前

    まるでベトナムへ旅行に来たような臨場感。クラクションと車の騒音がリアル。英国へ移民した主人公、移民したかったけどできなかった遠い親戚、父親にベトナム戦争の退役軍人を持つ米国人、戦後生まれ世代の若者、それぞれの考え方の違いや主人公との距離感に戦争が深く関わっている。経済成長が著しく、既に戦争の痕跡はほとんど感じられない国だが、人々の心には今尚深く刻まれているということを感じた。

    違反報告
  • とし
    とし
    3.4
    20日前

    2022年1月6日
    映画 #MONSOON #モンスーン
    (2020年)鑑賞

    6歳でベトナム難民としてイギリスに渡った青年が、両親の遺灰を埋葬するため30年ぶりにベトナムへ帰郷

    昔の記憶を辿りながら、急速に変化する現在のベトナムがよく分かる
    #ヘンリー・ゴールディング いいね

    @FansVoiceJP さん
    試写会ありがと

    違反報告