母性:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
母性

母性

2022年11月23日公開、116分、サスペンス・ミステリー
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1つの事件をきっかけに「母と娘」の恐ろしい関係性を浮き彫りにした、湊かなえの同名小説を実写映画化。ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」で共演した戸田恵梨香と永野芽郁が、母性を持てず娘を愛することのできない母親と、母性を求めて母に愛されたいと願う娘をそれぞれ演じた。『ここは退屈迎えに来て』の廣木隆一が監督を務め、『窮鼠はチーズの夢を見る』の堀泉杏が脚本を手掛けた。

「母か、娘か」。究極の問いに迫る『母性』特集

「母か、娘か」。究極の問いに迫る『母性』特集 PR

「ハコヅメ」作者や原作者湊かなえのインタビューで“『母性』論争”に肉薄!

予告編・関連動画

母と娘、二つの証言がぶつかり合う…『母性』本予告

予告編

2022/9/30(金)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある日、女子高生の遺体が発見された。しかし、事件がなぜ起きたのかはわからないままだった。この事件の証言者として話を聞かれることになったのは、ルミ子と清佳という、娘を愛せない母とそんな母に愛されたい娘の2人。同じ時刻に起きた同じ出来事を思い浮かべているはずの2人の証言は食い違い、彼女たちの抱える複雑な関係性や秘密が浮き彫りになっていく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
116分
製作会社
映画「母性」製作委員会
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]2022 映画「母性」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9 /41件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?