マヤの秘密:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
マヤの秘密

マヤの秘密

2022年2月18日公開,97分

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ミレニアム」シリーズのノオミ・ラパスが主演・製作総指揮を兼任したサスペンス。1950年代。街で男の指笛を聞いたマヤは、かつての悪夢が蘇る。ナチスの軍人だったその男から戦時中暴行を受けたマヤは、復讐心から男を誘拐し、自宅の地下室に監禁するが……。共演は「THE INFORMER/三秒間の死角」のジョエル・キナマン、「夜に生きる」のクリス・メッシーナ。監督は「ベツレヘム 哀しみの凶弾」のユヴァル・アドラー。

予告編・関連動画

マヤの秘密

予告編

2021/12/24(金)公開

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1950年代後半、アメリカ郊外の街。ある日、ロマ民族のマヤ(ノオミ・ラパス)は、街で男の指笛を聞く。その瞬間、マヤの脳裏に“ある悪夢”が蘇ってくる。最近、近所に越してきたその男は、戦時中にマヤを暴行し、マヤの妹を殺害したナチスの軍人であった。マヤは復讐心から男を殺そうと誘拐し、夫のルイス(クリス・メッシーナ)の手を借りて自宅の地下室に監禁。だがトーマスと名乗るその男(ジョエル・キナマン)は、人違いだと主張する。記憶がおぼろげなマヤは、男を殺したい気持ちと同時に、ただ事実を知りたいと罪の自白を男に強要し続けるのだった。一方、男のほうもマヤの話を否定するものの、何かを隠しているような表情をみせる。マヤを信じたいルイスが真実を突き止めようと奔走するなか、監禁された男の妻レイチェル(エイミー・サイメッツ)は、夫の安否を心配しながらも、自らの素性を話さなかった夫への不信感を募らせてゆく。果たしてマヤの悪夢は妄想か、現実か……。

作品データ

原題
The Secrets We Keep
製作年
2020年
製作国
アメリカ
配給
STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
97分
製作会社
Di Bonaventura Pictures=Echo Lake Entertainment

[c]2020 TSWK Financing and Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.9 /5件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?