なん・なんだ|MOVIE WALKER PRESS
MENU
なん・なんだ

なん・なんだ

2022年1月15日公開,107分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「テイクオーバーゾーン」で注目を集めた新鋭・山嵜晋平が、熟年夫婦を主人公に描くドラマ。結婚40年を迎える三郎と美智子。ある日、外出した美智子が交通事故に遭い、昏睡状態に。三郎が美智子のカメラのフィルムを現像すると、見知らぬ男が写っていた。出演は「痛くない死に方」の下元史朗、「明日の食卓」の烏丸せつこ。

フォトギャラリー

なん・なんだ 画像1
なん・なんだ 画像2
なん・なんだ 画像3
なん・なんだ 画像4
なん・なんだ 画像5
なん・なんだ 画像6

予告編・関連動画

なん・なんだ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

間もなく結婚40年を迎える三郎(下元史朗)と美智子(烏丸せつこ)の夫婦。大工を引退した三郎は、やることもないまま、海が見える古い団地で一日を過ごしていた。妻の美智子は出かけるための準備に余念がない。「どこ行くんだよ」「化粧濃いんじゃないか」。そんなやり取りの後、美智子は家を出る。三郎は美智子に届け物を頼まれていたが、どこに届けるのか失念したまま帰宅。やがて美智子の帰りを待ちながらビールを飲んでいると、携帯が鳴る。京都府警から、美智子がひき逃げに遭って意識不明との連絡だった。なぜ京都に? 取るものも取り敢えず、娘の知美(和田光沙)に電話をかけ、京都に向かう三郎。病室で眠ったままの美智子の荷物を開けてみると、古いアルバムとカメラが入っていた。若い頃、写真家を目指していた美智子が愛用していたカメラだった。意識が戻らぬまま1週間が経過。三郎が現像を頼んでいた町のカメラ屋に写真を取りに行くと、そこに写っていたのは、見知らぬ男の姿だった。この男は誰なのか? 自分の知らない美智子の世界がある。京都でこの男と会っていたのか。次々に湧き上がる疑惑に背中を押されるように、三郎は美智子の実家がある奈良へ。追ってきた娘の知美とともに、美智子の浮気相手を探す旅を始める。自分が知らない少女時代の美智子。自分に黙って男と逢引していた美智子。夫婦の40年間はなんだったのか。美智子と重ねた思い出が、ひとつ、またひとつと抜け落ちていく……。

作品データ

製作年
2021年
製作国
日本
配給
太秦
上映時間
107分

[c]なん・なんだ製作運動体 [c]キネマ旬報社

  • KU
    KU
    5.0
    11日前


    気になっていた「なん・なんだ」
    烏丸さんの挨拶も気になり初日に。
    浮気の映画か?と思っていたが、
    家族、友達、恋人、人生…
    観た後に考えられる映画だった。
    それぞれの生き方や葛藤、悩みも観ていて伝わるし、
    奥底にある感情がそれぞれ出ていて◎
    特に烏丸さんが演じている美智子は良かった!
    なんで浮気をしたかのキッカケがセリフだとあっという間だが、
    言い方や表情、撮影の雰囲気が加わると、
    それまでにいろんな感情があってそこに至ったというのがわかってすごいなと感じてしまった。
    悩んでいる時間は長くて、決めるのは意外と単純な言葉や出来事だったりするので共感できた。
    最後の美智子の決断も、
    愛情、寂しさ、情、強さ、弱さが伝わってきて、
    その決断だったからこそ、
    自分の大切な人、好きな人、一緒にいたい人は誰なのか、
    自分はどうしたいのか、誰を大事にしたいのか…
    を考えさせられたのだなと思う。

    私は娘役の方と同じくらいの歳だけど、
    自分のことや家族や大事な人を考える映画を観れて良かったなと思う。
    烏丸さんは良く知らなかったけど、
    映画観たあと舞台挨拶で出てきた時には、
    すでに好きになってました。笑

    もう一回観に行こうと思います。

    違反報告