階段の先には踊り場がある:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
階段の先には踊り場がある

階段の先には踊り場がある

2022年3月19日公開,132分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2018年に「恋愛依存症の女」で劇場デビューを果たした木村聡志監督による長編第2作。別れた後も同棲し、曖昧な関係を続ける大学生ゆっこと先輩、そこに近づく多部。そして将来を見出せずにいる社会人の滝と港。それぞれの“ままならない”日常が綴られる群像劇。出演は「別に、友達とかじゃない」の植田雅、「アルプススタンドのはしの方」の平井亜門。

予告編・関連動画

階段の先には踊り場がある

予告編

2022/1/20(木)公開

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ダンサーを目指し芸大の舞踊科に通うゆっこ(植田雅)。同じ大学の演劇科に通う元カレの先輩(平井亜門)とは、別れた後も同棲を続けている。お互いを応援する“いいパートナー”だと呼び合うが、最近は夢をかけた留学、そして先輩と急接近する友人・多部ちゃん(手島実優)の存在が気になっていた……。一方、社会人の滝(細川岳)は平穏な日々を送っているが、長年交際している港(朝木ちひろ)から結婚を意識させられ困惑していた。将来が見えない滝は、大学生のときに味わったある挫折を今も引きずっていたのだ。そんな彼との関係を見つめ直す港だが……。

作品データ

製作年
2021年
製作国
日本
配給
レプロエンタテインメント
上映時間
132分
製作会社
レプロエンタテインメント

[c]LesPros entertainment [c]Soichiro Suizu [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1 /3件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?