猫と塩、または砂糖:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
猫と塩、または砂糖

猫と塩、または砂糖

2022年7月23日公開,119分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「食卓」でPFF(ぴあフィルムフェスティバル)アワード2016グランプリを受賞した小松孝監督による異色ホームコメディ。社会を拒絶し自主的に母のペット『猫』となった長男、その母、酒浸りの父の佐藤家に母の元カレとその娘の“白いアイドル”がやってきて、奇妙な同居生活が始まる。「泣く子はいねぇが」の田村健太郎が佐藤家の長男・一郎を演じるほか、宮崎美子、諏訪太朗、池田成志、吉田凜音らが出演。PFFがトータルプロデュースする長編映画製作プロジェクトである第25回PFFスカラシップ作品。

予告編・関連動画

ひとつ屋根の下、不思議なメンバーで始まる奇妙な同居生活『猫と塩、または砂糖』予告編

予告編

2022/6/1(水)公開

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

慎ましやかな母(宮崎美子)や酒浸りの父(諏訪太朗)と暮らしている佐藤家の長男・一郎(田村健太郎)は、社会を拒絶し、自主的に母のペット『猫』になった。母がかつての恋人・金城譲二(池田成志)と再会したことをきっかけに、金城の娘で父のために白くて無垢なアイドルとして生きる絵美(吉田凜音)をも巻き込み、5人の奇妙な同居生活が始まる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
日本
配給
PFF=マジックアワー
上映時間
119分
製作会社
PFFパートナーズ(ぴあ=ホリプロ=日活)(制作プロダクション:エリセカンパニー)

[c]PFF パートナーズ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.1 /1件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?