ハッチング―孵化―|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ハッチング―孵化―

ハッチング―孵化―

2022年4月15日公開,91分
PG12
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2018年に短編『Puppet Master(原題)』でモントリオールのファンタジア国際映画祭、オースティンのファンタスティック・フェストなどに選出されたハンナ・ベルイホルムの初長編監督作品となるホラー映画。家族に秘密で大きな卵を育てる少女を描く。主演は1200人のオーディションから選ばれたシーリ・ソラリンナ。共演はソフィア・ヘイッキラ、ヤニ・ヴォラネン、レイノ・ノルディンら。

予告編・関連動画

一羽の黒い鳥が悪夢の始まりを予感させる『ハッチング-孵化-』本編映像

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

北欧フィンランド。幸せな家庭像を動画で世界へ発信することに囚われた母親を喜ばせようと、自らの感情を抑え、新体操の大会優勝を目指す12歳の少女ティンヤは、ある夜、森で奇妙な卵を見つけ、家族に秘密にしながら自分のベッドで温めることにする。卵はやがて少しずつ大きくなり、ついに孵化の時を迎える。しかし、殻を破って卵から生まれたのは、幸福な家族の仮面を剥ぎ取っていくおぞましいものだった。

作品データ

原題
Pahanhautoja
映倫区分
PG12
製作年
2022年
製作国
フィンランド=スウェーデン
配給
ギャガ
上映時間
91分
製作会社
Silva Mysterium

[c]2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Väst [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?