たまらん坂:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
たまらん坂
たまらん坂

たまらん坂

2022年3月19日公開、86分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「フリーダ・カーロの遺品 石内都、織るように」の小谷忠典が黒井千次の短編集を基に4年の撮影期間をかけて完成させた長編劇映画。大学生のひな子が母の墓参りに来ると、墓前にコスモスの花が供えられていた。父から墓参りに行けないという電話が来て……。出演は、本作が映画初出演となる渡邊雛子、「プリテンダーズ」の古舘寛治。第30回マルセイユ国際映画祭インターナショナルコンペティション部門正式出品、第20回ニッポン・コネクションNIPPON VISIONS部門正式出品、第43回シンガポール国際アートフェスティバル招待上映、セント・アンドルーズ映画祭2021最優秀撮影賞受賞。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

秋、小雨が降るなか、大学生のひな子(渡邊雛子)は寺の境内を歩いている。毎年、母の命日に父・圭一(古舘寛治)と墓参りに訪れていたのだが、今年はひな子ひとりで来ていた。ひな子は、母の墓前に一輪のコスモスの花が供えられているのに気づく。母が亡くなって17年、祖父母も鬼籍に入っており、他人の影を感じたことがなかったため、ひな子は不審に思う。圭一から電話がかかってくる。圭一は、飛行機が欠航になり墓参りには来られないことを告げ、「たまらん」と漏らす……。

作品データ

製作年
2019年
製作国
日本
配給
イハフィルムズ
上映時間
86分
製作会社
武蔵野文学館

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?