鋼音色の空の彼方へ|MOVIE WALKER PRESS
MENU
鋼音色の空の彼方へ

鋼音色の空の彼方へ

5月公開,103分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

名古屋を拠点に活動するヘヴィ・メタル・バンド『OUTRAGE』のデビュー35周年を記念し制作された青春ドラマ。『OUTRAGE』の軌跡を辿る映画に抜擢された4人の若者たち。役を通じて『OUTRAGE』の葛藤を体感するうちに、自身の生き様と役がシンクロしていく。ヘヴィ・メタル専門誌『BURRN!』の編集顧問を務める音楽評論家の伊藤政則による原案を、ドキュメンタリー「シャイン・オン -トラベローグ・オブ・アウトレイジ-」はじめ『OUTRAGE』のすべての映像を手がける山田貴教監督が映画化。名古屋で撮影し、スタッフ・キャストともに在名活動者が集う。2022年5月20日より名古屋先行公開。

予告編・関連動画

鋼音色の空の彼方へ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

名古屋の大須で生まれ、結成から35年経った今も大須を拠点に活動するヘヴィ・メタル・バンド『OUTRAGE』。メンバーの少年時代からこれまでの軌跡をたどるヒストリームービーが制作されることになり、『OUTRAGE』メンバーのDr.丹下役にメタルとは全く無縁のサブカル俳優・山内聡(秋田卓郎)が、Vo.直樹役にネット配信歌手の前田徹(岡陽介)が、G.阿部役に若手芸人・佐久間駿(兼平勝成)、B.安井役に新人俳優の加藤優馬(安藤悟)が抜擢される。しかし4人はヘヴィ・メタルについてなかなか理解できず、ヘヴィ・メタルへの愛と熱意が強いプロデューサーの朝倉みどり(近藤久美子)や、山内が一目惚れしたバンド好きの共演者・可那子(末永桜花)の力を借りながら、ヘヴィ・メタルと役作りに没頭。激動の日々を経てきた『OUTRAGE』を演じるうちに、いつしか自身のふがいない生き様や苦悩と役がシンクロし、己と真摯に向き合い、仲間たちとともに次のステージへと駆け出していく。

作品データ

製作年
2022年
製作国
日本
配給
スターキャット
上映時間
103分
製作会社
「鋼音色の空の彼方へ」製作委員会

[c]2022「鋼音色の空の彼方へ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?