霧幻鉄道 只見線を300日撮る男:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
霧幻鉄道 只見線を300日撮る男
霧幻鉄道 只見線を300日撮る男

霧幻鉄道 只見線を300日撮る男

2022年7月29日公開,80分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2011年7月の新潟・福島豪雨で甚大な被害を受けた、福島県会津若松市と新潟県魚沼市を結ぶJR只見線の魅力を発信する郷土写真家・星賢孝を追いかけたドキュメンタリー。一時は廃線の危機に瀕した同線と奥会津の復活に向け尽力する星と地域住民の思いを撮る。長らく不通になっていた会津川口駅~只見駅間は復旧工事が行われ、2022年10月1日に全線運転再開する。本作は星賢孝ら有志が企画、東日本大震災後に会津に映画製作の拠点を移し、2017年度日本映画復興奨励賞を受賞した「『知事抹殺』の真実」などを手がけてきた安孫子亘監督がメガホンを取った。俳優の山本東がナレーションを担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

福島県・会津若松駅と新潟県・小出駅を結ぶ全長約135kmのローカル線・JR只見線。2011年7月、福島県と新潟県を襲った集中豪雨はJR只見線の鉄橋を押し流し、会津川口駅~只見駅間が長く不通となる甚大な被害を引き起こした。復旧工事には莫大な費用がかかり、その後の赤字解消への不安が言われ、只見線は廃線の危機にさらされたが、住民たちは地元活性化の生命線を絶やさぬよう声を上げた。その中心には、只見線と奥会津の絶景を数十年撮り続けている郷土写真家・星賢孝の姿があった。奥会津出身の彼は年間300日以上只見線を撮影。奥会津を生かすために只見線は必要と言い、美しい自然と共に只見線を撮り続け、地元の魅力を世界に伝えるために撮影した写真をSNSなどで発信している。また生まれ育った金山町三更集落の廃村で消滅した渡し船も50年ぶりに復活させると、国内外から観光客が押し寄せた。しかし2020年のコロナ禍で観光業は下火に。それでも星は、高齢化率で群を抜く故郷・奥会津の衰退を阻止し活性化させるために、シャッターを切り続ける。

キャスト

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
日本
配給
きろくびと
上映時間
80分
製作会社
ミルフィルム(製作協力:映画只見線製作委員会/企画:ミルフィルム)

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?