バイオレンスアクション:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
バイオレンスアクション

バイオレンスアクション

2022年8月19日公開,111分
PG12
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

バイト先で殺し屋として働くゆるふわ女子の日常を描いた浅井蓮次と沢田新による同名漫画を原作としたアクション・エンタテインメント。「おっさんずラブ」を手掛けた瑠東東一郎がメガホンをとり、主人公の菊野ケイを『キングダム』の橋本環奈が演じる。また、ケイに近づくヤクザの会計士テラノを『東京リベンジャーズ』の杉野遥亮、ケイに想いを寄せる同級生を『蜜蜂と遠雷』の鈴鹿央士が演じる。

予告編・関連動画

橋本環奈がヒットガールに!『バイオレンスアクション』特報映像

特報

2022/4/20(水)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ピンクボブがトレードマークのケイは、専門学校に通いながらアルバイトをする日々を送っている。そのバイトは殺し屋で、ケイは指名ナンバーワンの殺し屋として働いていた。ある日、学校帰りのバスで青年テラノと出会い、胸を高鳴らせながらバイトへ向かったケイは、ヤクザ組織の組長から依頼を受ける。ターゲットとして指定されたのは抗争の渦中にいるヤクザの金庫番で、それはバスで出会ったテラノだった。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2022年
製作国
日本
配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間
111分
製作会社
「バイオレンスアクション」製作委員会(制作:ファインエンターテイメント)

[c]浅井蓮次・沢田 新・小学館/『バイオレンスアクション』製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0 /1件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?