ファミリー(1983)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ファミリー(1983)

1986年1月15日公開,0分
  • 上映館を探す

乳ガンのため死を宣告された母と10人の子供たちの愛の絆を、実話を基に描く。83年2月14日米ABCで放映。製作はポーラ・レヴェンバックとウェンディ・リッチー、監督は「知りすぎた17才」のジョン・アーマン、脚本はマイケル・ボートマン、撮影はトーマス・デル・ルース、音楽はローレンス・ローゼンタールが担当。出演はアン・マーグレットほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1952年秋。アイヴァン(フレデリック・フォレスト)とルシル(アン=マーグレット)のフレイ夫妻に、10人目の赤ちゃんが生まれた。フレイ家の生活は苦しい。アイヴァンは痛風の持病を持ち、その苦しみをまぎらわせるために酒にひたっていた。しかし、子供たちは明るく育ち、家の中には笑い声が絶えない。そんなフレイ一家を突然の不幸が襲った。ルシルが身体の痛みを訴え、検査の結果、乳ガンであることが判明したのだ。アイヴァンはショックを受ける。しかし、ルシルは、泣いている暇もなかった。子供たちをそのままにして死んではゆけない。アイヴァンはますます酒に逃げる。なんとか子供たちを育ててくれる親代わりを見つけなくてはならない。ガン協会の弁護士ヘイゼル(キャスリーン・デイモン)の協力を得て、ルシルは里親探しを開始した。子供同士を自由に会わす、教会に通う、等の条件事項をメモにとりその条件に叶う夫妻を探した。スティーブン(ブライアン・マザンティ)が最初にもらわれていった。続いてカール(パトリック・ブレナン)、アイヴァン・ジュニア(パンパー・ヨザース)、ウォーレン(ジョエル・グレイヴス)、バージニア(ケイティ・マックレーン)、と次々にフレイ家を去っていった。ママの役目を果たしていた長女のジョアン(ハリー・トッド)も老夫婦に引き取られていった。ただ、テンカンもちの三男、フランク(ロビー・カイガー)だけが残り、仕方なく、ルシルは施設に任せた。やがてルシルの葬儀が静かにとり行なわれ、それぞれの里親に手を引かれて子供たちが集まってきた。施設のフランクも、ウォーレンの里親に引き取られることになり、それぞれが,ルシルの勇気と深い愛情を胸に、新しい人生に向かうのだった。

作品データ

原題
Who Will Love My Children?
製作年
1983年
製作国
アメリカ
配給
日本ヘラルド
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?