フィラデルフィア物語|MOVIE WALKER PRESS
MENU

フィラデルフィア物語

1948年2月公開,112分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

キャサリン・ヘプバーンを主役として、シアター・ギルドが上演してヒットしたフィリップ・バリー作の喜劇の映画化で、ヘプバーンがブロードウェイで一年間演じた役をつとめ「断崖」のケーリー・グラントと「桃色の店」のジェームズ・スチュアートが共に主演している。「恋愛手帳」の台詞を書いた劇作家であり、映画脚本家であるドナルド・オグデン・スチュワートが脚色し「ガス燈」「若草物語(1933)」のジョージ・キューカーが監督に当り「心の旅路」「ガス燈」のジョゼフ・ルッテンバーグが撮影を指揮し、音楽は「断崖」フランツ・ワックスマンが書いた。助演にはルース・ハッシー、ローランド・ヤング、ジョン・ハワード、ジョン・ホリデイ、メアリー・ナッシュ及び少女俳優ヴァジニア・ウィードラー、ヘンリー・ダニエルと腕利き逹をそろえている。なおヘプバーン主演のキューカー作品には「素晴らしい休日」「若草物語(1933)」「愛の鳴咽」等がある。またこれは1940年作品で、同年度のアカデミー脚本賞、主演男優賞を、両スチュワートが得たものである。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

フィアデルフィアの大富豪ロード家の長女トレイシーは、同じく上流のG・K・デクスター・ヘイヴンと恋愛におちて結婚したが、たちまち破境の嘆きを見た。それはトレイシーが世間知らずで、人の欠点を許容することが出来ず、完全な人格を相手に求めるところに原因して、デクスターがやけ酒を飲みすぎたのが直接の動機だった。しかしデクルターはなお彼女を愛している。そのトレイシーが貧困から身を起こして出世したジョージ・キットリッジと結婚することとなる。スパイという黄表紙雑誌の記者となり、南米へ行っていたデクスターは、トレイシーが間違った結婚をするのを助けようと帰ってくる。彼はスパイの記者マコーレイ・コナーとその恋人で写真班のエリザベス・イムブリーを、南米にいるトレイシーの弟の親友だといって連れて来る。コナーは小説家であるが、パンのためにいやいやスパイの記者をしている男で、フィラデルフィア名門の結婚式の模様などをすっぱ抜き記事にしたくなかったのである。さてデクスターをいまだに怒っているトレイシーは、彼のお節介に腹を立てたが、断ると父があるダンサーと起こした醜聞をスパイに発表するというので、しかたなく彼らを表向き客として泊めることになる。父のセスが別居しているのも、トレイシーが完全人格を望むくせで、母に無理矢理に追い出させたのである。花婿たるベキトリッジは、トレイシーを理解していないし、お金と名声を得るための縁組だがトレイシーはそれに気づかず、立派な人格者として見ている。ところがデクスターとコナーのあけっぴろげの愛すべき性格は、トレイシーの目を少しばかり開けさせたようであった。そして結婚式前夜のパーティーで、トレイシーとコナーはシャンパンを飲みすぎ、2人は酔った勢いで暁近く恋を語り、二度ほどキスをしてしまった。その後、酔いつぶれたトレイシーを抱いてコナーが戻ってくるところに、デクスターとキトリッジが来合わせた。コナーの話をデクスターは信じたが、キトリッジは信じようとしなかった。翌日、トレイシーは自分の身の潔白を信じてくれなかったキトリッジとの婚約を破棄した。今では人間には欠点ありと悟った彼女は、デクスターがどんなに彼女に適した男であるかが分かり、改めて彼と結婚式を挙げるのだった。

作品データ

原題
The Philadelphia Story
製作年
1940年
製作国
アメリカ
上映時間
112分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?