神様のいるところ|MOVIE WALKER PRESS
MENU
神様のいるところ
神様のいるところ

神様のいるところ

2022年5月7日公開,63分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

台湾生まれ東京育ちの鈴木冴監督が、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻の修了作品として制作した人間ドラマ。台湾人の母と暮らす14歳の玲は、DVに耐えかね家を飛び出したところ、葵に保護される。二人はある事件から共犯者として逃避行を繰り広げ……。台湾人と日本人のハーフの少女・玲を映画初主演の荒川ひなたが、会社に馴染めない葵を「愛の小さな歴史-誰でもない恋人たちの風景vol.1-」の瀬戸かほが演じる。第24回釜山国際映画祭New Currents部門に正式招待されるなど、数々の映画祭で上映された。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

台湾人の母と暮らす14歳の玲(荒川ひなた)は、言葉の壁にぶつかり、DVを受けていた。ある夜、暴力に耐えかねて家を飛び出したところ、葵(瀬戸かほ)に保護される。27歳の葵は会社勤めをしているが、馴染めず、上司からはセクハラを受けていた。ある事件をきっかけに二人は共犯者として逃亡し、流れ着いた山城屋という旅館で不思議な共同生活を送る。

作品データ

製作年
2019年
製作国
日本
上映時間
63分
製作会社
東京藝術大学大学院映像研究科

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?