コンビニエンス・ストーリー:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
コンビニエンス・ストーリー
コンビニエンス・ストーリー

コンビニエンス・ストーリー

2022年8月5日公開,97分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

欲しいものがなんでも手に入るコンビニに迷い込んだ脚本家の姿を描く異世界アドベンチャー。「時効警察」シリーズの三木聡が監督と脚本を手掛け、映画評論家やプロデューサーを務めるマーク・シリングが企画を担当した。『窮鼠はチーズの夢を見る』の成田凌が主演を務め、異世界に迷い込む若手脚本家を演じ、彼を助ける人妻を『イニシエーション・ラブ』の前田敦子、彼女の夫を「相棒」シリーズの六角精児が演じる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

スランプに悩む売れない脚本家の加藤は、ある日、恋人の愛犬ケルベロスに執筆中の脚本を消されてしまい、腹いせに山奥に捨ててしまう。だが、後味の悪さから探しに戻るも、車が故障し立ち往生。困った加藤は、霧の中を進みたどり着いたコンビニ「リソーマート」で働く人妻の惠子と、夫の南雲に助けられ、彼らと共同生活を送ることに。しかし、加藤は気づかないうちに現世から切り離された異世界に迷い込んでしまっていた。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
日本
配給
東映ビデオ
上映時間
97分
製作会社
「コンビニエンス・ストーリー」製作委員会(東映ビデオ=Dプロモーション=ライツファン・コンテンツ・クリエイティブ=ステューディオ・スリー)(製作プロダクション:ステューディオ・スリー)

[c]2022「コンビニエンス・ストーリー」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0 /5件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?