シネマスコーレを解剖する。 コロナなんかぶっ飛ばせ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 映画『シネマスコーレを解剖する。 コロナなんかぶっ飛ばせ』
シネマスコーレを解剖する。 コロナなんかぶっ飛ばせ
シネマスコーレを解剖する。 コロナなんかぶっ飛ばせ

シネマスコーレを解剖する。 コロナなんかぶっ飛ばせ

2022年7月2日公開,93分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

名古屋にあるミニシアター・シネマスコーレの支配人を追ったドキュメンタリー。2021年3月に中部地区で放送し、ギャラクシー賞奨励賞を受賞した番組『メ~テレドキュメント 復館~シネマとコロナ~』に未公開シーンや継続取材した映像を加えた再編集版。ナレーションは、「菊とギロチン」の韓英恵。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

名古屋にあるミニシアター・シネマスコーレは新型コロナ禍で、開館して以来、初めての休館に追い込まれるなど様々な苦境に見舞われた。それでも「なんてことない」と笑顔を絶やさず、映画文化の多様性を守るために奮闘する木全純治支配人の姿を追う。座席数51席のシネマスコーレは、1983年に映画監督の若松孝二氏が創立した。以来、木全支配人が見出したインディーズやアジアの知られざる名作を、一日も休まずに上映してきた。近年は、坪井篤史副支配人が手掛ける独創的なイベントで全国的に知られるようになった。映画作品と観客の近さが魅力的だったシネマスコーレは、“密”の回避が叫ばれる状況で存続できるのか? 2年間にわたる取材を通して、ミニシアターが映画文化の発展に果たしてきた役割の大きさと、多様性が持つ意味を問いかける。

作品データ

製作年
2022年
製作国
日本
配給
メ~テレ=シネマスコーレ
上映時間
93分
製作会社
(制作:メ~テレ)

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?