Blue Island 憂鬱之島:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
Blue Island 憂鬱之島

Blue Island 憂鬱之島

2022年7月16日公開,97分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「乱世備忘 僕らの雨傘運動」のチャン・ジーウン監督が、実在する三人の人物がそれぞれ文化大革命、六七暴動、天安門事件に遭遇し激動の歴史を乗り越えてきた記憶や、香港市民が自由を守るために闘う姿を、ドキュメンタリーとフィクションを組み合わせて記録する。「乱世備忘 僕らの雨傘運動」のプロデューサー、ピーター・ヤムや、「十年」の製作総指揮を務めたアンドリュー・チョイが参加。北米最大級のドキュメンタリー映画祭、Hot Docs カナディアン国際ドキュメンタリー映画祭2022にて最高賞を受賞。第13回台湾国際ドキュメンタリー映画祭審査員特別賞など三冠に輝いた。

予告編・関連動画

香港の自由を求める歴史を、実在の3人を軸に描く『Blue Island 憂鬱之島』予告編

予告編

2022/6/15(水)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

文化大革命から逃れるために命を懸けて海に飛び込み恋人と共に海を渡った陳克治。“中国人”から“世界人”、そして抵抗者から経済人となった石中英。天安門事件を経験して自らを脱走兵と戒める林耀強。1966~1976年の文化大革命、1967年の六七暴動、1989年の天安門事件という世界を震撼させた事件に遭遇し体制に抵抗した記憶は、香港の歴史に残るかけがえのない瞬間の記録と証言であり、市民運動に参加する若者たちに多くの示唆を与えている。香港市民の自由が急速に縮小する今、激動の歴史を乗り越えてきた記憶、そして自由を守るために闘う姿を、ドキュメンタリーとドラマを融合させて描く。

作品データ

原題
憂鬱之島
製作年
2022年
製作国
香港=日本
配給
太秦
上映時間
97分
製作会社
Blue Island production

[c]2022Blue Island project [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0 /2件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?