虎の流儀 ~旅の始まりは尾張 東海死闘編~:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
虎の流儀 ~旅の始まりは尾張 東海死闘編~
虎の流儀 ~旅の始まりは尾張 東海死闘編~

虎の流儀 ~旅の始まりは尾張 東海死闘編~

2022年7月30日公開、115分、コメディ/任侠・アウトロー
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

原田龍二が演じる義理人情に厚いヤクザの主人公・車田清(くるまだきよし)が、弱きを助け強きをくじく痛快任侠映画シリーズの第1作目。他人様のやっかいごとを見て見ぬふりできない清は、ひとたび怒りが沸点に達すると、“虎”のごとく暴れまわる昭和気質の男だった。子分には「SRサイタマノラッパー」の初主演で注目を浴びた駒木根隆介。共演には、川野太郎、石橋保、石垣佑磨、つまみ枝豆、薬師寺保栄。ヒロイン役には平塚千瑛。そして本作が遺作の一本となった渡辺裕之など、豪華な顔触れがそろった。監督には、「修羅の群れ」など、任侠モノを中心に監督、プロデューサー、脚本家を務めている辻裕之。1作目は名古屋・岐阜を舞台に、東京から地方進出を目論むヤクザ一家との衝突に、地元のヤクザたちが巻き込まれていく。全国を行脚する令和の“虎“誕生のきっかけとなる物語となっている。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

組同士の抗争により親分(清水昭博)を殺された柴山一家本部長の車田清(原田龍二)は、仇を討ちにいくが、失敗し逆に追われる身となる。二代目組長となった笠寺(川野太郎)は清の身を案じ、名古屋で運送屋を営む待田組の元へ行きおとなしくしているように命じた。しかし待田組には岐阜からきた備後組との諍いがあり、度々嫌がらせをされていることを知る。初めはおとなしく耐えていた清だったが、堅気の運送屋の仲間にも手を出されると、遂に堪忍袋の緒が切れる。

作品データ

製作年
2022年
製作国
日本
配給
ユナイテッドエンタテインメント
上映時間
115分
製作会社
ソリッドフィーチャー
ジャンル
コメディ任侠・アウトロー

[c]2022「虎の流儀」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?