おっさんずぶるーす ワーク編:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
おっさんずぶるーす ワーク編
おっさんずぶるーす ワーク編

おっさんずぶるーす ワーク編

2022年8月21日公開、59分、ヒューマンドラマ
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

おっさん監督たちがおっさん俳優主演で送るオムニバス作品。様々な切り口で、おっさんが抱える人生や社会への違和感を描き出す。部長の高野山真一はある日、事故で死亡。気づくと真一は、会社の女子トイレの便器に姿を変えていた(『トイレのおっさん』)。出演は「ストレンジデイズ2 裸の7日間」の高橋信二朗、「紅破れ」の林和哉。全7作を<ファミリー編>と<ワーク編>に分けて劇場公開。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

『トイレのおっさん』部長の高野山真一(高橋信二朗)は、50歳になってもいまだに性的な妄想を抱いている。ある日、彼は電車の中で美しい女性ソフィー(範田紗々)に出逢い、胸をときめかせたものの、突然の事故に遭遇し、命を落とすことに。ところが、ふと目覚めると真一は、会社の女子トイレの便器に姿を変えていた……。『カリスマハウス』八神保夫(林和哉)は、自宅の庭で見知らぬ男が変死する現場を目撃。その男とは、カリスマ的な人気を誇るミュージシャン・甲斐賢人(川連廣明)だった。やがて、甲斐の死を悼むファンたちが八神の家を訪れるようになり、彼らとの交流によって八神も変化していく……。『謎乃中年認定壱拾箇条』イベント会社に勤める佐藤漢(大塚祐也)と加藤玲子(田山由起)は、同期入社でアラフォーの中間管理職。2人は会社が“年齢ではなく『おじさん』に該当する人の退職を促している”という噂を耳にする。さらに、後輩の大庭久美(大河原紗礼)から“会社の経理に使途不明金がある”と相談を受けるが……。

作品データ

製作年
2020年
製作国
日本
配給
おっさんずぶるーすパートナーズ
上映時間
59分
製作会社
おっさんずぶるーすパートナーズ
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?