フライングハイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

フライングハイ

1980年12月13日公開,0分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

乗客を満戴した旅客機内を舞台に、突然の食中毒発生にパニック状態に陥る人々と操縦を託された元パイロットの活躍を描くパロディ映画。製作はジョン・デイヴィソン、監督・脚本は「ケンタッキー・フライド・ムービー」を製作したジム・エイブラハムズと、デイヴィッドとジェリーのザッカー兄弟、撮影はジョセフ・バイロック、音楽はエルマー・バーンスタイン、編集はパトリック・ケネディ、製作デザインはウォード・プレストン、衣裳はロザンナ・ノートンが各各担当。出演はロバート・ヘイズ、ジュリー・ハガティ、カリーン・アブダル・ジャバール、ロイド・ブリッジス、ピーター・グレイヴス、レスリー・ニールセン、ローナ・パターソン、ロバート・スタック、スティーブン・スタッカーなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ロサンゼルス空港に1台のタクシーが乗りついた。運転するのはテッド・ストライカー(ロバート・ヘイズ)。彼は、シカゴ行き209便のスチュワーデス、イレイン(ジュリー・ハガティ)に会うためにかけつけたのだ。イレインはテッドの恋人だったが、最近になってその仲がうまくいかず、イレインが出て行ったきりになっていたのだ。彼女を失いたくないテッドは、209便に乗る決心をしたのだが、戦争中の苦い体験が蛛えり、テッドの胸は震えた。出発を前にした209便のオーバー機長(ピーター・グレイヴス)に電話が入り、同乗する心臓移植手術予定の少女のためにも時間通りの飛行をと確認してきた。副操縦士マードック(カーリー・アダブル・ジャバール)の準備も完了し、209便はシカゴに飛び立った。機内サービスを始めたイレインは、客席のテッドを見て驚く。大戦中の基地でのイレインとの甘い思い出に耽るテッド。その戦線で、彼は味方を死に追いやるという苦い体験もしたのだった。快適な飛行を続けていた209便に恐ろしいハプニングが生じた。魚がもとで食中毒患者が続出したのである。何よりも操縦者であるオーバー機長、マードックなどもダウンしてしまい、イレインはS0Sを叫ぶ。それをキャッチしたシカゴ空港のマクロスキー(ロイド・ブリッジス)は、この非常事態にうってつけの男クレイマー(ロバート・スタック)に誘導を依頼した。何と偶然にもクレイマーはテッドの部隊のキャプテンだった。209便では、唯一操縦できるテッドがパイロットとして席につき、そのクレイマーの誘導で操縦桿を握ることになった。このニュースで全世界が注目する中、スモッグがたちこめるシカゴに、クレイマーの巧みな誘導とテッドの必死の操縦さばきで無事209便は着陸に成功した。同じ恐怖を味わったテッドとイレインは、すべてのわだかまりを捨てて抱きあい、少女の手術も間に合い、すべてうまくいくのだった。

作品データ

原題
Flying High
製作年
1980年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント映画=CIC
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?