アバター:ジェームズ・キャメロン3Dリマスター:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 映画『アバター:ジェームズ・キャメロン3Dリマスター』
アバター:ジェームズ・キャメロン3Dリマスター
アバター:ジェームズ・キャメロン3Dリマスター

アバター:ジェームズ・キャメロン3Dリマスター

2022年9月23日公開,162分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」公開記念で、重要なシーンを追加し、進化した3D映像で一新した前作の特別版を2週間限定で劇場公開。22世紀、地球から遠く離れた惑星パンドラ。元兵士のジェイクが、この星の運命を決する戦いに巻き込まれていく。出演は「ギャング・オブ・アメリカ」のサム・ワーシントン、「アベンジャーズ/エンドゲーム」のゾーイ・サルダナ、「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」のシガーニー・ウィーヴァー。

『アバター:ジェームズ・キャメロン3Dリマスター』特集

『アバター:ジェームズ・キャメロン3Dリマスター』特集 PR

押井守、小島秀夫、樋口真嗣、山崎貴ら日本屈指のクリエイターが『アバター』とジェームズ・キャメロンの才能を語る!

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

22世紀。希少鉱物を求めた人類は、地球から遠く離れた惑星パンドラで、〈アバター・プロジェクト〉に着手。それは、“ナヴィ”と呼ばれるこの星の原住種族と地球人のDNAを組み合わせた肉体“アバター”を操作員の意識で操ることで、人に有毒な大気の問題をクリアし、莫大な利益をもたらす鉱物を採掘するというものだった。車椅子生活を送る元兵士のジェイク(サム・ワーシントン)は、この計画に参加することで“アバター”を手に入れ、体の自由を取り戻す。パンドラの地に降り立ち、やがてナヴィの族長の娘ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)と恋に落ちるジェイク。しかし、ナヴィとの交流を深めるにつれ、パンドラの生命を脅かす任務に疑問を抱き始めた彼は、この星の運命を決する選択を強いられることに……。

作品データ

原題
AVATAR
映倫区分
G
製作年
2009年
製作国
アメリカ
配給
ウォルト・ディズニー・ジャパン
上映時間
162分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.6 /20件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?