さすらいのボンボンキャンディ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
さすらいのボンボンキャンディ
さすらいのボンボンキャンディ

さすらいのボンボンキャンディ

2022年10月29日公開、114分、ヒューマンドラマ
R15+
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

他者との距離感が希薄になった未曽有の時代に贈る、愛を探す人びとの愚かで滑稽でちいさな物語。「名前のない女たち うそつき女」のサトウトシキ監督が企画・監督し、延江浩の短篇小説集『7カラーズ』(水曜社刊)の一篇を映画化。監督と原作者として「アタシはジュース」以来のタッグを組んだ。主演は「花束みたいな恋をした」「激怒」など注目作への出演が続く影山祐子。生きる実感を持てないままに、性にのめり込んでゆくでもなく声高に叫ぶでもなく、人間らしいつながりと愛を求めてさすらうヒロイン・仁絵に扮し、映画初主演を飾った。相手役の原田喧太は、本業はギタリストながら、父の原田芳雄を彷彿とさせる好演を披露している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

仁絵34歳。夫が海外に長期出張中の彼女は日々あてどなく街をさまよい、無為な時間を酒とともに流し込んでいる。マサル 48 歳。電鉄会社の車掌。運転士になりたかった夢は国家試験に三度落ちてあきらめた。偶然に知り合ったふたりは意気投合して、ごく自然に接近する。互いに家族のある身ながら逢瀬を重ねる男と女。ある日、マサルが仁絵の前から姿を消してしまい、彼女は他の男たちと寝てみるが、心の空洞が埋まることはない。ウルサクて、退屈な人間のつくった街で、仁絵はマサルの影を求めてさすらう。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2022年
製作国
日本
配給
インターフィルム
上映時間
114分
製作会社
インターフィルム
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]映画『さすらいのボンボンキャンディ』製作委員会/延江浩 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0 /1件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?