ブラックホール(1979)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブラックホール(1979)

1980年12月20日公開,98分
  • 上映館を探す

近づくもの全てを吸収してしまう程の超引力をもつ宇宙の巨大な穴、ブラック・ホールの謎と神秘を描くSF映画。製作はロン・ミラー、監督はゲーリー・ネルソン。ジェブ・ローズブルック、ボブ・バーバッシュとリチャード・H・ランドーの原案を基にジェブ・ローズブルックとゲーリー・デイが脚色。撮影はフランク・フィリップス、音楽はジョン・バリー、編集はグレッグ・マクローリン、美術はジョン・B・マンスブリッジ、特殊効果はピーター・エレンショーが各々担当。出演はマクシミリアン・シェル、アンソニー・パーキンス、ロバート・フォスター、ジョセフ・ボトムス、イベット・ミミュー、アーネスト・ボーグナインなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

NASA小型探索船パロミノ号の3Dビジョンがある幽霊船をキャッチし、それが20年前突然宇宙から姿を消した人類最大の宇宙船USSシグナス号であることを示した。そして漂流するそのシグナス号の彼方には、宇宙最大の謎ブラックホールが拡がっていた。パロミノ号の乗組員であるデュラント博士(アンソニー・パーキンス)、マックレイ博士(イベット・ミミュー)、ホランド船長(ロバート・フォスター)、パイザー中尉(ジョセフ・ボトムス)、そしてジャーナリストのハリー・ブース(アーネスト・ボーグナイン)らは、そのブラックホールを驚異をもって観測した。この黒い穴は、超密度がもたらす超引力によって、近づくものを全て吸収してしまうのだった。危険の中で、遂にパロミノ号はシグナス号とドッキングに成功した。彼らを迎えたのは、唯一のシグナス号の生き残り、ラインハート博士(マクシミリアン・シェル)とロボットたち、それに異様なヒューマノイドたちであった。ラインハートは、20年間もの間、このブラックホールと闘い続けてきたのだ。この天才には、しかし謎めいた部分が多くあった。そして、シグナス号の倉庫から発見された生き残りロボットの口からラインハートとヒューマノイドの秘密を聞き出したデュラントが、博士に虐殺された。そして脱出を計ったハリーも爆死した。この銃撃戦の中、シグナス号は大隕石群に遭遇し、破壊され出し、そのままブラックホールに吸い込まれ始めた。ブラックホール突破用にラインハートによってプログラミングされた小型脱出船を奪ったホランド船長たちはブラックホールを目がけて突っ込んでいった。後には、粉々にくだけ散るシグナス号の最期の姿があった。

作品データ

原題
The Black Hole
製作年
1979年
製作国
アメリカ
配給
東宝東和
上映時間
98分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?