それいけ!ゲートボールさくら組:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
それいけ!ゲートボールさくら組
それいけ!ゲートボールさくら組
2.8

それいけ!ゲートボールさくら組

2023年5月12日公開、108分、ヒューマンドラマ/青春
172
24
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「愛のコリーダ」「龍三と七人の子分たち」などの藤竜也主演によるスポ根人情コメディ。高校時代、ラグビーで青春を謳歌していた76歳の織田桃次郎。久々に再会した友の窮地を救うため、かつての仲間たちとゲートボールのチームを結成して勝利を目指すのだが……。共演は「つむぐもの」の石倉三郎、「セーラー服と機関銃(1981)」の大門正明、『ウルトラセブン』の森次晃嗣。監督は「紫 MURASAKI 伝説のロック・スピリッツ」の野田孝則。

配信で観る

ストーリー

高校時代、ラグビーで青春を謳歌した織田桃次郎(藤竜也)、76歳。光り輝いていた青春時代は、はるか遠い記憶の彼方。現在は愛する妻が遺したレストランをカレー専門店『MoMo八番屋』として続けているが、寂しさと物足りなさを感じる日々を過ごしていた。そんなある日、かつてラグビー部でいつも自分たちを励まし続けてくれたマネージャー・木下サクラ(山口果林)と再会。彼女が経営するデイサービス“桜ハウス”が倒産の危機と知り、桃次郎は昔のラグビー仲間とともに何かできないかと模索する。桜ハウスを立て直すため銀行から融資を受けるには、加入者を増やすことが必要条件。そこで、試行錯誤の末にたどり着いたのは“チームさくら組”としてゲートボール大会に出場して優勝し、施設の知名度を上げることだった。しかし、ラグビーで培った肉体は見る影もなく、今やただのポンコツのジジイたち。しかもボールをゲートに通すだけだと小バカにしていたゲートボールは、実はなかなか奥深いスポーツだった。練習段階から早くもギブアップ寸前の彼らは、かつて青春を捧げたラグビーが持つ「ワン・フォア・オールオール・フォア・ワン」の精神がゲートボールにも通じることに気づき、当時の固いチームワークが復活、快進撃がはじまった。ところが、桜ハウスのライバル施設“漆黒の杜”もゲートボール大会に出場。彼らの企みは、桜ハウスを倒産に追い込み、その土地に新しい温泉センターを建設することだった。悪徳ゼネコン企業の陰謀が渦巻くなか、ジーサンたちそれぞれにも問題が浮上。そんな様々な困難を乗り越えて、チームさくら組は桜ハウスを救うことができるのか……。

予告編・関連動画

後期高齢者たちのスポコン青春コメディ『それいけ!ゲートボールさくら組』予告

予告編

2023/5/18(木)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2023年
製作国
日本
配給
東京テアトル
初公開日
2023年5月12日
上映時間
108分
製作会社
「それいけ!ゲートボールさくら組」製作委員会(ファーイースト=東京テアトル)(企画・制作プロダクション:ファーイースト)
ジャンル
ヒューマンドラマ青春

[c]キネマ旬報社