放浪船:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
放浪船
放浪船

放浪船

1930年公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

サタデイ・イヴニング・ポストの執筆者として名あるウィリアムス・スレヴァンス・マクナットと、「若き翼」「西部の星影(1930)」等のグローヴァー・ジョーンズとの原作並びに潤色で、「ウォール街の狼」「摩天楼の巨人」等のローランド・V・リーの監督。「アパートの殺人」の脚色者マックス・マーシンが台詞を書いた。撮影は「若き翼」「フーマンチュウ博士」のアーチー・スタウトが担当している。「巨人」「摩天楼の巨人」等のジョージ・バンクロフトが主演する映画で、その他、ニューヨーク、ボストン、フィラデルフィア等の一流劇場の舞台女優として名を馳せていたジェシー・ロイス・ランディスが相手役に選ばれ、「嵐」「掠奪者」等のウィリアム・ボイド氏、又、ドナルド・スチュアート、ジェームズ・ダーキン、ウィリアム・スタックが助演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ビル・ラファーティはバトソン汽船会社の一貨物船の運転士でジェッド・グレーヴスは同じ航路の、違った貨物船の運転士だった。2人の仲は悪かった。なぜなら、2人は同時にヘレンというハヴァナ・カフェの女を張り合っていたから。ビルはジェッドに一泡吹かせようと、ヘレンに内密に船を乗せて無賃でリオに連れて行ってやるが、どうだと言う。女は喜んで仕事を辞めて乗船を承諾する。ところが思いがけなくも、ビルは同じ航路の違った船の船長に任命され、運悪くジェッドはその運転士になる。だがビルは彼の船長としての初航行に女を連れて行きたくないので、先の約束を断る。女は怒った。そしてジェッドに頼み、出帆前にキャビンの仲に身を潜ませる。霧が深かった。ビルはジェッドが女を船に連れ込んだことを知る。その女、それはヘレンだった。ビルは騙されたことを憤った。そして最初の寄港地オラムボに着いたら下船するように命令する。突然、船は衝突する。他の貨物船が撞き当たったのだ。次の日、オラムボで。本部からの電報によれば、ビルは船長の職務怠慢の廉により当分休職を命ぜられ、代わってジェッドが船長に昇進することに決した。ものすごいい闘争が展開する。ジェッドは留索坑をふるってビルを叩きのめす。気がつくとビルは陸地に連れて来られていた。女は船に帰って行き、そして彼はリオ通いの社外船の運転士となる。その船の船長はしょうのない飲んだくれなので、ビルが代わって船長の役を勤めなければならなかった。SOSージェッドの船から救助信号が発せられると、ビルは吹き荒さぶ嵐をついて救助に赴き、これを助ける。この功によりビルは再び船長となり、愛するヘレンと友にリオを目指して…・。

作品データ

原題
Derelict
製作年
1930年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント支社
上映時間
0分
製作会社
パラマウント映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?