ホワイト・ファング|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ホワイト・ファング
ホワイト・ファング

ホワイト・ファング

1992年8月29日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アラスカの大自然を舞台に、少年とホワイト・ドッグの交流を描いたジャック・ロンドンの同名小説の映画化。監督は「ナビゲイター」のランダル・クレイザー、製作は「ブルースが聞こえる」のメアリーケイ・パウエル、エグゼクティヴ・プロデューサーはマイク・ロベルとアンドリュー・バーグマン、脚本はジーン・ローゼンバーグ、ニック・ティール、デイヴィッド・ファロンの共同、撮影は「眺めのいい部屋」のトニー・ピアース・ロバーツ、音楽は「ベルーシ=ブルースの消えた夜」のバジル・ポールドゥリスが担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

母と死別したジャック(イーサン・ホーク)は父親を訪ねてゴールド・ラッシュにわくアラスカにやって来る。唯一の頼りである父の友人アレキサンダー(クラウス・マリア・ブランダウアー)について犬ゾリで旅する途中、彼らは狼の群れに襲われる。その中の一頭、狼と犬の血が流れるホワイト・ドッグを撃ち殺すが、ホワイト・ドッグには一匹の子供がいた。数週間後、父のいる鉱山までアレキサンダーに案内してもらうことになったジャックは、立ち寄ったインディアンの村でアイア・タックと名づけられてインディアンに育てられていたホワイト・ドッグの子供と再会する。翌日、ヒグマに襲われかけたところをアイア・タックに救われ、ジャックとアイア・タックの間には信頼関係のようなものが生まれた。父の鉱山に着いた時、父が一年前に亡くなっていたことを告げられ、ショックを受けるジャックに、アレキサンダーは金鉱の探し方を教えてやることにする。その頃、アイア・タックは町の悪党ビューティ(ジェームズ・レマー)に連れ去られ、金儲けのため闘犬として利用されていた。ジャックがちょうど町に来た際、闘いに傷つき瀕死のアイア・タックを見つけて連れ帰る。献身的な看病の末、アイア・タックも人間への信頼を取り戻していった。ある日ジャックとアレキサンダーは金の鉱脈を発見。しかし喜びも束の間、妬んだビューティたちが彼らの小屋に火を放つ。逃げ場を失い、絶体絶命の彼らをアイア・タックが救うのだった。

作品データ

原題
White Fang
製作年
1991年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース
上映時間
0分
製作会社
ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ作品

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?