ラ・メゾン 小説家と娼婦:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ラ・メゾン 小説家と娼婦
ラ・メゾン 小説家と娼婦
3.4

ラ・メゾン 小説家と娼婦

2023年12月29日公開、89分
R18+
  • 上映館を探す
  • みたい
    246
  • みた
    84
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

身分を隠し2年間、娼婦として活動した作家エマ・ベッケルの自伝小説を映画化。作家としての好奇心と野心から娼婦たちの裏側に惹かれ、ベルリンの高級娼館“ラ・メゾン”に潜入したエマ。危険と隣り合わせの日々は、エマにとって新たな発見に満ち溢れていたが……。出演は「パリのどこかで、あなたと」のアナ・ジラルド、「プロヴァンスの休日」のオーレ・アッティカ、「パラレル・マザーズ」のロッシ・デ・パルマ。監督は「ワンダー・ボーイ」のアニッサ・ボンヌフォン。

ストーリー

フランスからベルリンに移住した27才の小説家エマ。作家としての好奇心と野心から娼婦たちの裏側に惹かれ、彼女たちの実情を理解するため、エマは有名な高級娼館“ラ・メゾン”に娼婦として潜入する。そこには、危険と隣り合わせの女性たちの日常があり、彼女たちは孤独や恋愛の尽きない悩みを抱えていた。エマにとって新たな発見に溢れる日々。そして2週間のつもりが、いつしか2年もの月日が流れてゆく。果たして、その先にエマが見るものとは……。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
La Maison
映倫区分
R18+
製作年
2022年
製作国
フランス=ベルギー
配給
シンカ
初公開日
2023年12月29日
上映時間
89分
製作会社
Radar Films=Rezo Productions=Umedia=Carl Hirschmann=Stella Maris Pictures

[c] RADAR FILMS - REZO PRODUCTIONS - UMEDIA - CARL HIRSCHMANN - STELLA MARIS PICTURES
[c]キネマ旬報社