マーベリックの黄金|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マーベリックの黄金

1972年6月18日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

家畜王国テキサスを舞台に、持ち主不明の黄金をめぐって強奪合戦を演じる無法者たちの姿を描く西部劇。製作はユーアン・ロイド、監督はサム・ワナメイカー。ルイス・ラムーアの小説「キャットロー」をスコット・フィンチ、J・J・グリフィスが脚本化。撮影はテッド・スケイフ、音楽はロイ・バッド、編集はアラン・キリックが各々担当。出演はユル・ブリンナー、リチャード・クレンナ、レナード・ニモイ、ジョー・アン・プフルーク、ダリア・ラビ、ジェフ・コーリー、マイケル・デラノなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

キャットロー(ユル・ブリンナー)は、牛泥棒と呼ばれ、人々から憎まれていた。彼を逮捕するために、南北戦争で彼と生死を共にした友人でもある保安官のカワン(リチャード・クレンナ)は、牧場主たちが選んだガンマンのミラー(レナード・ニモイ)と後を追っていた。キャットロー一味は、ノガレスからメキシコへと逃げ、メキシコでは持ち主不明の黄金200万ドルを奪取する計画を立てていた。キャットローは町に入ってきた輸送部隊に罠をかけ、黄金を奪って逃げた。カワン、メキシコ軍、ミラーが一味の後を追った。一味は追手をかわすため死の砂漠に逃げこんだが、追跡の手はゆるまず、その上、インディアンの襲撃にあい、まんじどもえの大混戦となった。さすがのキャットローも、カワンの手によって捕えられ、彼とその一味はひとまずヘルモシロの獄につながれ、黄金はメキシコ軍の手で保管されることになった。やがてカワンとキャットローらの旅は始まったが、途中、突然ミラーの襲撃を受け、カワンが傷ついた。キャットローはカワンの銃でミラーを倒し、保安官のバッジを自分の胸につけ、「囚人は俺が送り届けるよ」と去っていった。カワンを恋人に託して。

作品データ

原題
Catlow
製作年
1971年
製作国
アメリカ
配給
メトロ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?