マイ・ブルー・ヘブン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

マイ・ブルー・ヘブン

1991年1月18日公開,0分
  • 上映館を探す

カリフォルニアの架空の田舎町に、FBI捜査官に連れられてイタリアンギャングがやってきたことから巻き起こる大騒動を描くコメディ。エグゼクティヴ・プロデューサーはゴールディ・ホーン、ノーラ・エフロンとアンドリュー・ストーン、監督は「マグノリアの花たち」のハーバート・ロス、彼がアンシア・シルバートと共に製作を兼ね、撮影はジョン・ベイリー音楽はアイラ・ニューボーンが担当。出演はスティーヴ・マーティン、リック・モラニスほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

カリフォルニアの小さな町フライバーグ。裁判で重要な証言をするのと引き換えに証人保護制度によってこの町で新しい暮らしをすることができるよう、FBI捜査官バーニー・クーパース(リック・モラニス)に連れられて派手な格好のギャング、ヴィーニー・アントネーリ(スティーヴ・マーティン)がやって来た。しかしおとなしくしていなければならないはずの彼の行動は一向に改まらず、監視役のバーニーははらはらするが、逆にヴィーニーに女性のくどき方を教わる始末。そんなヴィーニーをスキあらば刑務所に送り返そうとしているのが美人地方検事補のハンナ・スタブス(ジョーン・キューザック)。しかし彼はしっぽをつかませないばかりか妻に逃げられたバーニーとハンナの仲を取り持とうとまでする。やがてヴィーニーは正体不明の募金活動を始めるが、町の人は信用しない。ついにハンナに挙げられ裁判所送りになった彼はマフィアに襲われるが、ハンナ、バーニーを連れて逃げた先は彼が募金を使って建てている野球場の工事現場だった。半年後ヴィーニーの名をとった球場が完成し、始球式をする彼の姿をついに結ばれたハンナーとバーニーが見つめていた。

作品データ

原題
My Blue Heaven
製作年
1990年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

動画配信

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?