氷室蓮司:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
氷室蓮司
氷室蓮司
4.2

氷室蓮司

2024年4月12日公開、119分、任侠・アウトロー
  • 上映館を探す
  • みたい
    215
  • みた
    41
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

極道界の頂点を目指す男たちを描くVシネマ『日本統一』シリーズ10周年を記念して制作、台湾で本シリーズ初の海外ロケを行った劇場版。主人公の一人・氷室蓮司の父親としての側面に焦点を当てている。椅子に縛り付けられた息子・悠太の写真が送られてきた氷室は、石沢の制止を振り切り、一人台湾へと飛び立つ。監督は『首領の道』などの任侠系Vシネマ作品や「修羅の群れ」などの映画を手がけ、『日本統一』シリーズは27作目以降を担当している辻裕之。主人公である任侠団体・侠和会の氷室蓮司を演じる本宮泰風は、本作でも総合プロデュースを務めている。「野球部に花束を」の黒羽麻璃央が台湾で氷室をフォローする篠原将人を、「幽幻道士」シリーズのヒロイン・テンテン役で知られるシャドウ・リュウが台湾の刑事・楊愛玲を演じる。

ストーリー

任侠団体・侠和会は沖縄にアジトがある黒龍幇を銃撃戦の末に倒し、氷室(本宮泰風)は石沢(本田広登)と共に東京に戻っていった。そんな氷室の携帯電話に、「I'm waiting for you. Come alone.(お前を待っている。一人で来い。)」というメッセージと、猿ぐつわを嵌められ椅子に縛り付けられた息子・悠太(山岡樹)の写真が突如届き、氷室は石沢に動揺を悟られぬようにしながら元妻・涼子(松本若菜)に連絡。悠太が高校の修学旅行で台湾に行っていることを知った氷室は、石沢の制止を振り切り、一人台湾へ飛び立っていく。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2024年
製作国
日本
配給
ライツキューブ
初公開日
2024年4月12日
上映時間
119分
製作会社
「氷室蓮司」製作委員会(ライツキューブ=RUSTAR)
ジャンル
任侠・アウトロー

[c]2024「氷室蓮司」製作委員会
[c]キネマ旬報社