魔境のターザン:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
魔境のターザン
魔境のターザン

魔境のターザン

1951年7月8日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ターザンと豹女」と全く同じくソル・レッサーが製作、カート・ニューマンが監督に当り、ターザンにはジョニー・ワイズミュラー、妻ジェエンをブレンダ・ジョイス、ボーイをジョニー・シェフィールドが演じた1945年作品。脚本はハンス・ジャコビーとマージョリー・フェルツァーの2人。助演は「育ち行く年」のヘンリー・スティーブンソン、マリア・オースペンスカヤ、バアトン・マクレインなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ターザンはボーイとチータを連れ、ロンドンから帰って来た妻ジェエンをランディニに迎えたが、その所で英国人の探検家の一行に会った。彼らはアマゾンの女豹族であるパアミリアン族の持つ秘密の宝に目をつけ、ターザンに、その女豹族の住む谷間へ案内するよう促したが、彼はジャングルの平和が乱されることを感じて、拒絶して独り去った。探検家はボーイをだまして、その谷間に案内させたが、彼らは豹族に捕らわれ、脱走しようとして殺された。ボーイも翌日の午後殺されることになったがチータから急を聞いたターザンはボーイを救いに駆けつけるのだった。

作品データ

原題
Tarzan and the Amazons
製作年
1945年
製作国
アメリカ
配給
松竹映画
上映時間
0分
製作会社
ソル・レッサー映画

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?